全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石油コンビナート火災に対応 特殊な消防車両部隊、道内唯一配備-苫小牧市で運用開始

大型放水砲車(右)と大容量送水ポンプ車(左奥)の運用デモンストレーション=苫小牧市消防本部

 石油コンビナート火災に対応するため、道内で唯一、苫小牧市に配備された消防部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」の運用が19日に始まった。同日、市消防本部(新開町)でセレモニーが行われ、消防関係者ら約80人が、新たに導入された毎分8000リットルを100メートル先まで放水できる特殊な大型放水砲車などによるデモンストレーションを見学した。

 2011年の東日本大震災で石油コンビナート火災が相次ぎ、甚大な被害が出たことを受け、国が14年に石油コンビナートがある全国12自治体への導入を決定。道内唯一の製油所や石油備蓄基地を抱える苫小牧市には今春、車両が配備された。

 すでに消防隊員による操作訓練を終えており、今後、道内や東北などの石油コンビナートで大規模火災などが発生した際に出動する。同ユニットは、2台の特殊な消防車両を中核とし、同本部の他の消防車8台とセットで運用される。

 特殊な2台のうち大型放水砲車は全長約8・3メートル、高さ約3・5メートル。15センチの大口径ホース(総延長1キロ)を搭載し、放水砲はリモコン操作で水を直線状に放てるほか、噴霧状での放水もできる。

 大容量送水ポンプ車は全長約9メートル、高さ約3・5メートル。海や川などさまざまな水源から水を吸い上げ、通常の約3倍1キロ先まで、毎分4000リットル送り出すことができる。

 この日のセレモニーでは実際に消防車から放水する訓練が行われ、出席した道総務部の辻井宏文危機対策局長は「高度で専門的な消火活動ができる部隊の運用開始で、苫小牧地域のみならず各地で石油コンビナート火災などへの対応力が増す」と話した。

 同本部の脇坂恭敬消防長は「市民の期待に応えられるよう精進したい」と語った。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク