全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石油コンビナート火災に対応 特殊な消防車両部隊、道内唯一配備-苫小牧市で運用開始

大型放水砲車(右)と大容量送水ポンプ車(左奥)の運用デモンストレーション=苫小牧市消防本部

 石油コンビナート火災に対応するため、道内で唯一、苫小牧市に配備された消防部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」の運用が19日に始まった。同日、市消防本部(新開町)でセレモニーが行われ、消防関係者ら約80人が、新たに導入された毎分8000リットルを100メートル先まで放水できる特殊な大型放水砲車などによるデモンストレーションを見学した。

 2011年の東日本大震災で石油コンビナート火災が相次ぎ、甚大な被害が出たことを受け、国が14年に石油コンビナートがある全国12自治体への導入を決定。道内唯一の製油所や石油備蓄基地を抱える苫小牧市には今春、車両が配備された。

 すでに消防隊員による操作訓練を終えており、今後、道内や東北などの石油コンビナートで大規模火災などが発生した際に出動する。同ユニットは、2台の特殊な消防車両を中核とし、同本部の他の消防車8台とセットで運用される。

 特殊な2台のうち大型放水砲車は全長約8・3メートル、高さ約3・5メートル。15センチの大口径ホース(総延長1キロ)を搭載し、放水砲はリモコン操作で水を直線状に放てるほか、噴霧状での放水もできる。

 大容量送水ポンプ車は全長約9メートル、高さ約3・5メートル。海や川などさまざまな水源から水を吸い上げ、通常の約3倍1キロ先まで、毎分4000リットル送り出すことができる。

 この日のセレモニーでは実際に消防車から放水する訓練が行われ、出席した道総務部の辻井宏文危機対策局長は「高度で専門的な消火活動ができる部隊の運用開始で、苫小牧地域のみならず各地で石油コンビナート火災などへの対応力が増す」と話した。

 同本部の脇坂恭敬消防長は「市民の期待に応えられるよう精進したい」と語った。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク