全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

有機野菜ブランド化 期待 水耕栽培が本格化 鹿追

 2016年から稼働する町瓜幕バイオガスプラント(町瓜幕西30線)で、余熱を利用したビニールハウスが完成し、葉物野菜の有機水耕栽培が本格化している。収穫期を迎えた一部は、町内の学校給食に提供したり、道の駅でも販売。有機野菜のブランド化など、今後の可能性に期待が高まる。

有機野菜の水耕栽培が本格化しているビニールハウス

 町内で2基目の同プラントは、1日当たりの最大家畜ふん尿処理量が210トン。既存の町環境保全センターの2.2倍の規模になる。

 敷地内に通年栽培が可能な全天候型の巨大ビニールハウス(約757平方メートル)を建設。余熱はパイプを通してハウスに送られ、室温を20度に保つ。事業費は1億7585万円、半額を国の地方創成拠点整備交付金で賄った。

 ハウスの中には、全長約30メートルの高床式栽培ベッドが8レーンあり、順次野菜の苗を定植している。指導した石井孝昭農学博士(元愛媛大教授)によると、病害虫への抵抗性を高めて養分や水分の吸収促進する菌根菌(きんこんきん)と、パートナー微生物(細菌)を水耕栽培の有機培養液に使用しており、濃度は「通常の約1割で栽培できる」という。葉物は45日を収穫の目安にする。

 トマトや小松菜、チンゲン菜、水菜の一部は、学校給食に月5、6回提供するほか、道の駅でも販売。特に小松菜は、えぐみが少なく好評という。町農業振興課は「野菜の通年栽培で、新産業の創出につなげたい」と話す。

 施設管理を担当する地域おこし協力隊の小関翔太さん(30)と石井裕美さん(35)は「この施設から鹿追有機野菜のブランド化や加工など、新しい可能性にチャレンジしてみたい」と意気込んでいる。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク