全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クマゼミにぎやかに鳴く 本格的な夏の訪れ告げる

夏の到来を告げるクマゼミが鳴き始めている=19日午前、名蔵

 石垣市内ではクマゼミが鳴き始め、本格的な夏の訪れをにぎやかに告げている。19日午前、名蔵大橋周辺ではクマゼミの雄が腹部を小刻みに震わせ「シャアシャアシャア」と大合唱していた。

 石垣島地方気象台によると、今年のクマゼミの初鳴きは、12日に観測しており平年よりも5日遅い。最も早かった年は1969年の5月1日。

 クマゼミの体長は6㌢程で、本州(関東)から南西諸島に分布し、八重山では8月以降に数が少なくなる。

 以前は、本州のクマゼミと県内のリュウキュウクマゼミを名称で区別していたが、近年の調査で種名がクマゼミに統一された。この他に、石垣島と西表島に日本最大のセミで、体が黒く背部の所々がダイダイや茶色がかっている固有種のヤエヤマクマゼミも生息している。

 気象台によると、八重山地方の向こう1週間の天気は、梅雨前線や南からの湿った空気の影響で曇りの日が続く見込みで、梅雨明けの見通しは立っていない。

関連記事

荘内日報社

酒田市で初開催 県の地域創生ミーティング

 県の「知事と若者の地域創生ミーティングin酒田」が4日夕、酒田市公益研修センターで開かれ、市内の10代から40代までの男女11人が吉村美栄子知事と車座になって、地域の活性化に向けた課題やアイデアなどを語...

紀伊民報社

スターチスの新品種開発

 和歌山県暖地園芸センター(御坊市)は、スターチスの県独自品種として淡い紫色の「紀州ファインライラック」と、淡い青紫色の「紀州ファインオーシャン」を開発した。いずれも加温しなくても、高い収量を確...

漁獲量は前年比5%増、金額は6年ぶり低水準 秋サケ定置網漁が終了-苫小牧..

 苫小牧漁業協同組合の秋サケ定置網漁は今季、漁獲は600・5トンで前年比5%(27・3トン)増だった。全道各地で不漁に見舞われる中、苫小牧も漁獲は思うような伸びではないものの微増を確保。一方で金...

髪 アートに変身 帯広の北村さんSNS話題

 切った髪の毛でキャラクターや有名人-。帯広市西12南28の美容室「RAGCIE(ラグシー)」の店長北村ひとみさん(30)の「髪の毛アート」が、SNS(インターネット交流サイト)アプリ「TikTo...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク