全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那商議所女子会プロジェクト 28日に健康経営セミナー

「健康経営優良法人2018」に認定された伊那市の宮下建設。セミナーでは先進事例として取り組みを発表する

中小企業の「健康経営」支援に力を入れる伊那市の伊那商工会議所は28日午後1時30分から、「健康経営~はじめの一歩セミナー」を伊那市中央の伊那商工会館で開く。県の地域発元気づくり支援金を活用し、同商議所女子会プロジェクトが事業化した取り組みの第1弾で、社員の心と体の健康が企業経営にプラスになることを訴え、戦略として行う健康経営を提案する。

少子高齢化による労働力人口の減少やメンタルヘルス不調者の増加、生活習慣病の増加による医療費の増大などを背景に注目されている「健康経営」。社員の健康を重要な経営資源と捉えた健康づくりへの積極的なサポートは、生産性向上や企業のイメージアップ等に効果があると期待されている。

取り組みを可視化するために健康経営優良法人認定制度が設けられており、経済界や医療団体、保険組合などの連携で設立した日本健康会議が、社員の健康管理を経営的な視点で戦略的に実践している法人を優良法人として認定している。

同プロジェクトでは企業と社員の意識改革で健康経営を実践することで、会社も家族も地域も幸せになることを女性目線でアピール。事業の一環でウオーキングイベントや、社内で気軽にできるストレッチ体操の考案・普及なども計画している。優良法人認定取得も支援していく方針で、秋に再度セミナーを行い、11月に予定されている今年度の認定申請に備える。

セミナーでは、経済産業省で中小企業の健康経営普及・促進を担当する小林耕太さんが健康経営優良法人認定制度を紹介し、取り組み方を解説。伊那商議所の会員企業で認定法人の宮下建設(同市上牧)が取り組みを発表する。事務局の同商議所総務振興課では「まずは制度について聞いてもらい、健康経営を考えるきっかけにしてほしい」としている。

受講無料。事前申し込みが必要。個別相談も受け付ける。問い合わせは伊那商議所(電話0265・72・7000)へ。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク