全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

負傷者の搬送を指導する陸自隊員

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒約1000人が熱心に学んだ。

 自衛官の募集業務に力を入れる、自衛隊札幌地方協力本部千歳地域事務所(廣瀬直樹所長)の仲介で実現した。陸自は第7師団指揮下の第11普通科連隊(東千歳駐屯地)の12人が、空自は第2航空団基地業務群施設隊消防小隊(千歳基地)の6人が講師を務めた。

 この日は校内火災を想定し、全校生徒が体育館に一斉に避難。火災警報が校内に鳴り響く中、9分弱できびきびと移動を終えた。

 陸自は負傷者が出た想定で、対象者に対して1人、2人、3人で運ぶ方法を伝授。生徒の代表約30人が実際に体験し、諸橋瑛音(えいと)さん(16)は「自衛官は背中が大きく頼もしい。直接教えてもらい、良い経験ができた」と喜んだ。

 空自は消防服の着装を1分以内でこなして見せ、航空機火災などに備える鍛錬の一端を披露。火災を発見した際の対応として「周りの人に大きな声で伝えて」「119番で状況を知らせて」などとアドバイスした。

 生徒たちは自助、共助の大切さを学びながら、自衛隊を身近に感じる機会に。廣瀬所長は「(防災は)自衛隊にとって一つの仕事。生徒たちが学び取ってくれたら」と話していた。

関連記事

田原サーフタウン構想

 市内で盛んなサーフィンを活用した地域活性化策、サーフタウン構想を打ち出している田原市は、太平洋に面した赤羽根町のロングビーチ一帯の将来イメージをまとめた。ビーチ東端にあたる高松町弥八島を重点整...

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

長野日報社

ドーム船で楽しむワカサギ釣り 諏訪湖で始まる

 岡谷市湊の民宿みなとは15日からドーム船の営業を開始した。中澤滋専務(58)によると、この時期は昨年ふ化した約10センチの大公、10月半ばからは今年ふ化した5センチ前後の小公が釣りやすくなる...

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク