全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

JR紀伊田辺駅前に設置された募金箱(19日、田辺市湊で)

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打ち上げ数は千発多い4千発にする。19日、同市湊のJR紀伊田辺駅に2尺玉を模した募金箱を設置し、広く協力を呼び掛けている。  田辺花火大会は2004年までは毎年8月に開催され、夏の風物詩として親しまれていた。  新市誕生後の05年からは、「弁慶まつり」に合わせて秋に実施。直径480メートルに広がる2尺玉は08年に初めて打ち上げられ、以来、大会の目玉となっている。  今年の大会の予算は約1175万円で、市が145万円を出す。  企業や団体から協賛金を募るほか、広く一般にも協力を求めている。昨年は協賛金約763万円、募金約58万円が寄せられた。  2尺玉サイズの募金箱は、市役所2階ロビーと南和歌山医療センターにも設置。1尺玉や竹筒などの募金箱も市内の事業所66カ所に設けるほか、市内のタクシー70台にも置く。  田辺観光協会は「今年は節目にふさわしい豪華な大会にしたいと考えている。ご協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク