全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

JR紀伊田辺駅前に設置された募金箱(19日、田辺市湊で)

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打ち上げ数は千発多い4千発にする。19日、同市湊のJR紀伊田辺駅に2尺玉を模した募金箱を設置し、広く協力を呼び掛けている。  田辺花火大会は2004年までは毎年8月に開催され、夏の風物詩として親しまれていた。  新市誕生後の05年からは、「弁慶まつり」に合わせて秋に実施。直径480メートルに広がる2尺玉は08年に初めて打ち上げられ、以来、大会の目玉となっている。  今年の大会の予算は約1175万円で、市が145万円を出す。  企業や団体から協賛金を募るほか、広く一般にも協力を求めている。昨年は協賛金約763万円、募金約58万円が寄せられた。  2尺玉サイズの募金箱は、市役所2階ロビーと南和歌山医療センターにも設置。1尺玉や竹筒などの募金箱も市内の事業所66カ所に設けるほか、市内のタクシー70台にも置く。  田辺観光協会は「今年は節目にふさわしい豪華な大会にしたいと考えている。ご協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク