全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

JR紀伊田辺駅前に設置された募金箱(19日、田辺市湊で)

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打ち上げ数は千発多い4千発にする。19日、同市湊のJR紀伊田辺駅に2尺玉を模した募金箱を設置し、広く協力を呼び掛けている。  田辺花火大会は2004年までは毎年8月に開催され、夏の風物詩として親しまれていた。  新市誕生後の05年からは、「弁慶まつり」に合わせて秋に実施。直径480メートルに広がる2尺玉は08年に初めて打ち上げられ、以来、大会の目玉となっている。  今年の大会の予算は約1175万円で、市が145万円を出す。  企業や団体から協賛金を募るほか、広く一般にも協力を求めている。昨年は協賛金約763万円、募金約58万円が寄せられた。  2尺玉サイズの募金箱は、市役所2階ロビーと南和歌山医療センターにも設置。1尺玉や竹筒などの募金箱も市内の事業所66カ所に設けるほか、市内のタクシー70台にも置く。  田辺観光協会は「今年は節目にふさわしい豪華な大会にしたいと考えている。ご協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク