全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

ブルーベリー狩りを楽しむ子どもたち(友清りんご園で)

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年に生産を始め、生産総面積は約20アール。甘味が強いオニールや実の大きさが五百円玉ほどもあるチャンドラーなど20品種、400本あまりを栽培している。来園者は完熟した実を選びながら、少しずつ違った味わいを堪能している。友清代表(49)は「天候に恵まれ、数量も大きさもいい。こだわって育てたブルーべリーの実の大きさに驚いてもらえたら」と話していた。時間は午前9時~午後5時。料金は子ども(3歳~小学生)650円、大人(中学生以上)850円。持ち帰りは100グラム430円。

関連記事

紀伊民報社

「廃校の宿」1位 秋津野ガルテン

 和歌山県田辺市上秋津の秋津野ガルテンが、日本経済新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」の「廃校の宿」をテーマにしたランキング(7月14日付)で全国1位に選ばれた。近隣農家と連携するなどし、地元食...

宇部日報社

常盤公園のオリーブにハート型の葉

 ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で、シンボルツリーのオリーブがハート形の葉を付けている。同館は「夏休みはオリーブに目を凝らして、幸運を探してみて。見つけることができたら、恋がかなうかも...

長野日報社

真夏の夜空に3千発 諏訪湖の花火シーズン開幕

 諏訪市の諏訪湖で16日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が真夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。光と反響音で五感に響く...

長野日報社

伊那まちアルプス直行便 南アと中アで本格運行

 一般社団法人アスタルプロジェクト(伊那市)が企画した市街地と南アルプスや中央アルプスの登山口を結ぶ早朝ジャンボタクシー「伊那まちアルプス直行便」の本格運行が15日、「南ア便」から始まった。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク