全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

ブルーベリー狩りを楽しむ子どもたち(友清りんご園で)

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年に生産を始め、生産総面積は約20アール。甘味が強いオニールや実の大きさが五百円玉ほどもあるチャンドラーなど20品種、400本あまりを栽培している。来園者は完熟した実を選びながら、少しずつ違った味わいを堪能している。友清代表(49)は「天候に恵まれ、数量も大きさもいい。こだわって育てたブルーべリーの実の大きさに驚いてもらえたら」と話していた。時間は午前9時~午後5時。料金は子ども(3歳~小学生)650円、大人(中学生以上)850円。持ち帰りは100グラム430円。

関連記事

「帆前掛け」新工場オープン

 かつて豊橋が一大産地だった「帆前掛け」の企画・製造・販売をする「エニシング」東京都が、豊橋市大岩町沢渡に新工場「前掛けファクトリー」をオープンした。廃業する市内の工場から織機を譲り受け、海外で...

帯広発着ナイタイ観光 7月、初の旅行商品開始 上士幌

 上士幌町などが出資する観光地域商社「karch(カーチ)」は7月から、ナイタイ高原牧場への観光バスの運行を始める。カーチが手掛ける初の旅行商品で、帯広駅の発着でグルメや買い物が楽しめる日帰りのバ...

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク