全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来春の朝ドラ「なつぞら」 十勝ロケ撮影快調

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(来年4~9月放送予定)の撮影が、管内で順調に進んでいる。19日午前には新得町で撮影風景が公開され、ヒロインの広瀬すずさんらが、大自然の中で伸び伸びとした演技を披露した。

記者会見後に記念撮影に臨む、広瀬さん(中央)ら出演者

 「なつぞら」は、終戦直後の1946年に十勝の酪農家に引き取られた広瀬さん演じる奥原なつが、十勝で磨かれたみずみずしい感性を発揮し、草創期のアニメ業界で生き抜く姿を描く。脚本家大森寿美男氏によるオリジナル作品で、朝ドラ100作目に当たる。

 ドラマの撮影は8日に始まった。19日は新得の牧草地でロケを行い、高校の演劇部に入ったなつが、演劇コンクールで十勝全体を盛り上げたいと考え、なつの養母役の松嶋菜々子さんに相談するシーンを撮影した。広瀬さんは、自転車で去る幼なじみに大きく手を振るなどの演技を見せた。

 同日午前には、広瀬さんや松嶋さん、なつの養父役の藤木直人さん、松嶋さんの父親役の草刈正雄さんら7人が会見した。広瀬さんは「広大な自然に囲まれた環境で撮影するのはなかなかない経験。伸び伸びとなつを演じたい」と意気込みを語った。

 この日は広瀬さんの20歳の誕生日で、十勝食材を使った牧場をイメージしたケーキがサプライズで贈られた。

 磯智明制作統括は「地元の協力を得て、撮影は順調に進んでいる。さわやかな感動を届けたい」と話した。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク