全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

チョーイチョイ 茅野市の小泉山で「上古田の火とぼし」

燃え盛る小屋に向かい、大声ではやし立てる子どもたち=茅野市の小泉山

 茅野市の小泉山で18日夜、市の無形文化財「上古田の火とぼし」が行われた。同市豊平の上古田区に住む9~12歳の男子7人(小学生5人、中学生2人)が参加。あらかじめ山中の4カ所に作っておいた小屋に火を付けて回り、大きな声で「火とぼしチョーイチョイ」とはやし立てた。

 上古田の火とぼしは、枯れ枝などで覆った高さ約3メートルの小屋を燃やし、たいまつを持って夜の山中を練り歩く男の子の行事。起源は定かではなく、虫送りや雨ごい、火伏せ、疫病除けなどの諸説がある。一切が子どもたちの手で行われるのが特徴だ。

 子どもたちは5月の連休明けから小泉山に2、3回登り、小屋作りに励んできた。この日は、秋葉神社前、奥の院(山頂)、中段、金毘羅神社前の順に回り、燃え盛る小屋に向かい、「火とぼしチョーイチョイ」と繰り返した。当日参加で区内の小学2、4年の女子3人も訪れ、伝統行事を盛り上げた。

 最年長者として「親方」を務め、行事を取り仕切った東部中1年の長田大和さん(12)と山田隆仁さん(12)は「みんなが率先して準備ができた。小さい子の面倒を見るのは大変だったけど、上の人の言うことを聞くようになり、まとまりがでてきた」と手応えを語った。

 同区では少子化が進み、火とぼしをいかに受け継いでいくかが課題という。小尾定良区長(65)は「区の課題として、みんなで考えています。年齢を超えた団結力を育む機会。とにかく守っていきたい」と話していた。

 上古田の火とぼしは24日にも行われる。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク