全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

“オオバンマイ”大盛況/佐良浜漁港

カツオの切り身ばらまく

 佐良浜漁港では17日午後、恒例の伝統儀式「オオバンマイ」(主催・伊良部漁協)が行われた。漁師らがカツオ一本釣り漁船の舳先に立ち、岸壁に集合した市民らに向かってカツオのぶつ切りをばらまいた。入れ物に入った市民は歓声を上げていた。

 佐良浜方言の「オオバンマイ」は大判振る舞いの意味。漁師らは、大量のぶつ切りを用意。市民らはぶつ切りが入りやすいようにビニール袋の口を大きく開き、紙製の空き箱や発泡スチロール箱のふたを開けた。傘は逆さにして広げた。

 音楽が流れ、オオバンマイの開始。舳先からぶつ切りがばらまかれ、「やった」と喜ぶ人の声と「こっちにも投げて」と願う人の声が入り交じった。

 母と一緒に参加した与儀華夢さん(佐良浜小4年)は「去年より少なかったが、2㌔ほど取った」と笑顔で話した。

 母は華夢さんの頑張りを褒めた上で「夕食にしょうゆ煮で食べる」と語った。

 祖父と家族3人で参加した奥平晴琉さん(東小2年)は「初めて参加したが、とても楽しかった」と感想を話した。

 母は「夕食はぶつ切りを刺し身にして食べたい」と喜んでいた。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク