全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

“オオバンマイ”大盛況/佐良浜漁港

カツオの切り身ばらまく

 佐良浜漁港では17日午後、恒例の伝統儀式「オオバンマイ」(主催・伊良部漁協)が行われた。漁師らがカツオ一本釣り漁船の舳先に立ち、岸壁に集合した市民らに向かってカツオのぶつ切りをばらまいた。入れ物に入った市民は歓声を上げていた。

 佐良浜方言の「オオバンマイ」は大判振る舞いの意味。漁師らは、大量のぶつ切りを用意。市民らはぶつ切りが入りやすいようにビニール袋の口を大きく開き、紙製の空き箱や発泡スチロール箱のふたを開けた。傘は逆さにして広げた。

 音楽が流れ、オオバンマイの開始。舳先からぶつ切りがばらまかれ、「やった」と喜ぶ人の声と「こっちにも投げて」と願う人の声が入り交じった。

 母と一緒に参加した与儀華夢さん(佐良浜小4年)は「去年より少なかったが、2㌔ほど取った」と笑顔で話した。

 母は華夢さんの頑張りを褒めた上で「夕食にしょうゆ煮で食べる」と語った。

 祖父と家族3人で参加した奥平晴琉さん(東小2年)は「初めて参加したが、とても楽しかった」と感想を話した。

 母は「夕食はぶつ切りを刺し身にして食べたい」と喜んでいた。

関連記事

紀伊民報社

ごみ処分場建設地を見学 「15年で満杯」に驚き

 和歌山県みなべ町以南の10市町(北山村を除く)でつくる紀南環境広域施設組合は18日、田辺市稲成町に建設中のごみ最終処分場の工事現場を見学した。処分場は容量19万8千立方メートルで、計画埋め立て...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

「デジタル森林浴」出前します 浦幌で起業のIT会社開発

 大手IT企業の元社員らが中心となり、浦幌町内に林業を軸としたIT企業「forestdigital(フォレストデジタル)」(辻木勇二代表取締役CEO=最高経営責任者)を創業した。同社は、最新鋭のデ...

釧路新聞社

コンビニで証明書交付実験【釧路】

 3月に予定しているマイナンバーカードを使ったコンビニエンスストアでの各種証明書交付サービス開始に向けて、釧路市は18日、市内の大手コンビニチェーン店で初の店舗内実証実験を行った。  市のマイナ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク