全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大漁と航海安全祈願

“ユッカヌヒー”各地でハーリー

 向こう1年間の航海安全と豊漁を願う海の祭典「ハーリー(海神祭)」が旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に当たる17日、佐良浜漁港など10カ所の会場では、メインイベントの爬龍舟競漕で熱気に包まれた。屈強な若者たちが「ゴーヘイ、ゴーヘイ」と掛け声に合わせて力強いかいさばきで水しぶきを上げた。観客らは、力の限りこいで速さを競うレースに歓声と興奮状態に。この日は日曜日が重なり、各会場とも大勢の人でにぎわった。

 ハーリーは、各地の一大イベントの一つ。宮古での伝統的なハーリーは、1894(明治27)年に佐良浜で最初に実施されたのが始まりとされ、今年で125年。

 この年に糸満漁師が宮古の海で漁業を展開。旧暦5月4日までに糸満に帰港する計画であったが、不安定な天候で延期。そこで糸満漁師は佐良浜漁師にハーリーの仕方を指導し、糸満と同じ日の旧暦5月4日に双方は爬龍舟競漕を行ったと伝わる。

 佐良浜漁港では、各漁船が色鮮やかな大漁旗を掲げた。漁師らは船上で祝い酒を酌み交わし、ハーリーを盛大に祝った。子どもから大人まで約300人がパレードに参加し、佐良浜ハーリー(主催・伊良部漁協)の幕開けを告げた。

 式典で、主催者を代表して漢那一浩組合長は「海の神様に感謝し、大漁と航海安全を願ってください」とあいさつ。下地敏彦市長は「漁師の皆さんがたくさん魚を取って島の活性化に寄与してほしい」と激励した。

 特設会場では、佐良浜保育所の園児や佐良浜小学校の児童らが元気いっぱいに踊りを披露。佐良浜中学校の生徒たちは勇壮なエイサーを繰り広げた。佐良浜学区婦人会など各団体は趣向を凝らした踊りを紹介。観客らは、各出演者に大きな拍手を送っていた。

 佐良浜出身の下地澄子さん(67、旧姓国吉)は城辺から訪れた。「30年ぶりにハーリーを見て、とても感動した。改めて佐良浜出身に誇りを持った」と声を弾ませた。

関連記事

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

釧路新聞社

タンチョウのひな誕生【釧路】

   釧路市公園緑化協会は、市丹頂鶴自然公園でタンチョウのひなが誕生したと発表した。同公園での新たなひなの誕生は2018年6月15日以来約2年ぶり。  飼育員の高嶋賢治さんによると、同公園のBケー...

アオウミガメふ化 「20年後に戻ってきて」

 ウミガメの子どもが砂の中から現れて大海へ泳ぎ出ていく―。石垣島北部の海岸で13日、ウミガメのふ化が確認され、小さなアオウミガメたちが足をばたつかせながら障害物を乗り越えて行った。  子ガメたち...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク