全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

郡内各地で「海神祭」にぎわう ユッカヌヒー

80チームが出場した団体ハーリー。力強いカイさばきで競った=17日午後、石垣漁港

 「ユッカヌヒー」(旧暦5月4日)の17日、郡内各地で漁業者の航海安全と豊漁を祈願する海神祭が行われた。このうち郡内最大の石垣市爬龍船競漕(きょうそう)大会(同実行委員会主催)は浜崎町の石垣漁港で開かれ、各組えりすぐりのこぎ手たちが力強いカイさばきを競った。

 一般市民が参加する各種団体ハーリーでは、過去最多の11年大会と並ぶ158組1580人が威勢のいい掛け声に合わせてカイをこいだ。その結果、団体はNFS川良山が3年ぶり3回目の優勝、マドンナは名護市の友遊会が初出場で初優勝を飾った。水産関係は八重山警察署、中学校対抗は石垣A(石垣中野球部)が制した。会場からは声援が送られ、こぎ手たちを後押しした。

 この日は気温30度の真夏日となり、ジリジリと強い日差しが照りつける中、レースは1周回500㍍のコースでタイムと順位を競った。80チームが出場した団体ハーリーでは、予選を勝ち抜いた8チームで決勝を行い、2位の居酒屋ひとしサニー号に5秒差をつけてNFS川良山が優勝。

 マドンナハーリーでは、名護市長杯争奪全島ハーリー大会で優勝経験のある同市の「友遊会」が初出場で頂点に。キャプテンの金城優菜さん(29)は「本島のレースは3艇ずつなので(8艇は)迫力がすごかった。今後は7月に浜比嘉島である大会に向けて取り組みたい」と目標を語った。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク