全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

郡内各地で「海神祭」にぎわう ユッカヌヒー

80チームが出場した団体ハーリー。力強いカイさばきで競った=17日午後、石垣漁港

 「ユッカヌヒー」(旧暦5月4日)の17日、郡内各地で漁業者の航海安全と豊漁を祈願する海神祭が行われた。このうち郡内最大の石垣市爬龍船競漕(きょうそう)大会(同実行委員会主催)は浜崎町の石垣漁港で開かれ、各組えりすぐりのこぎ手たちが力強いカイさばきを競った。

 一般市民が参加する各種団体ハーリーでは、過去最多の11年大会と並ぶ158組1580人が威勢のいい掛け声に合わせてカイをこいだ。その結果、団体はNFS川良山が3年ぶり3回目の優勝、マドンナは名護市の友遊会が初出場で初優勝を飾った。水産関係は八重山警察署、中学校対抗は石垣A(石垣中野球部)が制した。会場からは声援が送られ、こぎ手たちを後押しした。

 この日は気温30度の真夏日となり、ジリジリと強い日差しが照りつける中、レースは1周回500㍍のコースでタイムと順位を競った。80チームが出場した団体ハーリーでは、予選を勝ち抜いた8チームで決勝を行い、2位の居酒屋ひとしサニー号に5秒差をつけてNFS川良山が優勝。

 マドンナハーリーでは、名護市長杯争奪全島ハーリー大会で優勝経験のある同市の「友遊会」が初出場で頂点に。キャプテンの金城優菜さん(29)は「本島のレースは3艇ずつなので(8艇は)迫力がすごかった。今後は7月に浜比嘉島である大会に向けて取り組みたい」と目標を語った。

関連記事

長野日報社

真夏の夜空に3千発 諏訪湖の花火シーズン開幕

 諏訪市の諏訪湖で16日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が真夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。光と反響音で五感に響く...

情緒豊かに歌と踊り 野底つぃんだら祭賑わう

 石垣島北部の活性化を図る北部三大祭りの一つ、第15回野底つぃんだら祭(同実行委員会主催)が15日夕、野底小学校グラウンドで開かれ、地域内外から訪れた多くの人で賑わった。『つぃんだら節』など野底に...

七夕の星空 来場客満喫 加屋真島まつりに200人

 美ら花グループの創業65周年記念事業の一環で、石垣島北部と竹富町の西表石垣国立公園内が日本初の星空保護区に認定されたことを記念して「無人島カヤマ島七夕星まつり2018~天の川に愛を歌う~」(同実...

八重山の魅力を披露 八重農郷芸部がアトラクション

 第66回沖縄県学校農業クラブ連盟大会(主催・同連盟、県高等学校文化連盟)は2日目の6日、石垣市民会館などで意見とプロジェクト発表、平板測量競技が行われた。  アトラクションでは八重山農林高校...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク