全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サーファーら津波避難訓練

南海トラフ地震想定で田原のロングビーチ

 南海トラフ地震による大津波警報発表を想定した津波避難訓練が17日、太平洋に面した田原市赤羽根地区のロングビーチ弥八島周辺で行われた。  地元サーファーらでつくる自主防犯団体「安全波乗隊」や田原市サーフィン協会、愛知県外海漁業協同組合、同市高松と赤羽根校区コミュニティ協議会をはじめ、消防や警察、三河海上保安署、市が合同で実施。ロングビーチを利用するサーファーや釣り人ら約200人が参加した。  訓練では、防災行政無線でサイレンが鳴ると、消防や警察などが広報車で避難を呼び掛け、上空からは海上保安署がヘリコプターで監視にあたった。海岸や海上にいたサーファーらは、海岸北側の津波避難場所となっている高台の弥八島海浜公園へ次々と避難した。サイレンから約16分で全員の避難が完了した。  現場周辺は南海トラフ地震が発生した場合、約6分後に第1波が、約20~30分で大きな津波が襲来すると予測されている。  三河海上保安署の奥西淳次長は「サーフィンなどをする場合は、避難できる高台を確認し、警報が発令されたら、ちゅうちょすることなく避難してください」と話し、田原署警備課の松橋浩幸課長は「警報のサイレンが鳴ったら、最悪のことを考えて行動してください。同時に、参加した皆さんが避難誘導を先導してやっていただきたい」と協力を求めた。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク