全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ホコテン 華やか開幕 肌寒さ 熱気で吹き飛ばす 帯広

華やかなオープニングパレードで幕を開けたオビヒロホコテン

 13年目を迎える帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)が17日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午までの帯広の最高気温は12.3度と肌寒かったが、会場は大勢の来場者でにぎわい、次々と繰り広げられるアトラクションも盛り上がりをみせた。

 午前11時10分出発のオープニングパレードでは、ばんえい十勝のキング号が引く馬車を先頭に約150人が平原通を行進。続くセレモニーでは、細川吉博実行委員長が「皆さんと帯広のまちを盛り上げていきたい」とあいさつした。細川委員長や田中敬二副市長、三井真十勝総合振興局長ら来賓がひもを引き、実行委メンバー手作りのくす玉が割られ、幕を開けた。

 その後、帯広若鳶(とび)会が「ホコテン初め」として恒例のはしご乗りを披露。「みんなでおどろう! Y・M・C・A」では、ホコテン関係者と来場者が入り交じり、5月に他界した歌手西城秀樹さんの「YOUNG MAN(Y・M・C・A)」に合わせてポーズを決めて踊った。バトントワリングやフラダンスの愛好団体がパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

 今年のホコテンは、8月12日を除く9月9日までの毎週日曜日に実施。各種団体がさまざまな催しを予定している他、会場内には娯楽コーナーも設けられる。歩行者天国は午前9時半~午後5時(イベントは午前11時~午後4時)。

関連記事

無病息災願い獅子頭の舞い 与那国で伝統行事「シティ」

 【与那国】ドラや太鼓、笛の鳴り物を伴い獅子頭が厄払いのために島内を練り歩き、島内の魔物を島外へ追い払う伝統の行事「シティ」(節祭)が3日、行われた。  日没とともに獅子頭を先頭に、公民館役員...

双方の織りの魅力紹介 久米島と八重山の織物展

 久米島紬は1975年、八重山上布と八重山ミンサーは89年に国の伝統的工芸品に指定。いずれも琉球王朝時代の過酷な貢納布の歴史があり、現在も優れた染織技術が継承されている。  同展は久米島紬事業協...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

紀伊民報社

弁慶映画祭が開幕

 第12回「田辺・弁慶映画祭」(実行委員会主催、紀伊民報など協賛)が9日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開幕した。11日までの3日間で計19作品を上映。新人監督対象のコンペティション部門...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク