全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ホコテン 華やか開幕 肌寒さ 熱気で吹き飛ばす 帯広

華やかなオープニングパレードで幕を開けたオビヒロホコテン

 13年目を迎える帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)が17日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午までの帯広の最高気温は12.3度と肌寒かったが、会場は大勢の来場者でにぎわい、次々と繰り広げられるアトラクションも盛り上がりをみせた。

 午前11時10分出発のオープニングパレードでは、ばんえい十勝のキング号が引く馬車を先頭に約150人が平原通を行進。続くセレモニーでは、細川吉博実行委員長が「皆さんと帯広のまちを盛り上げていきたい」とあいさつした。細川委員長や田中敬二副市長、三井真十勝総合振興局長ら来賓がひもを引き、実行委メンバー手作りのくす玉が割られ、幕を開けた。

 その後、帯広若鳶(とび)会が「ホコテン初め」として恒例のはしご乗りを披露。「みんなでおどろう! Y・M・C・A」では、ホコテン関係者と来場者が入り交じり、5月に他界した歌手西城秀樹さんの「YOUNG MAN(Y・M・C・A)」に合わせてポーズを決めて踊った。バトントワリングやフラダンスの愛好団体がパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

 今年のホコテンは、8月12日を除く9月9日までの毎週日曜日に実施。各種団体がさまざまな催しを予定している他、会場内には娯楽コーナーも設けられる。歩行者天国は午前9時半~午後5時(イベントは午前11時~午後4時)。

関連記事

長野日報社

真夏の夜空に3千発 諏訪湖の花火シーズン開幕

 諏訪市の諏訪湖で16日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が真夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。光と反響音で五感に響く...

情緒豊かに歌と踊り 野底つぃんだら祭賑わう

 石垣島北部の活性化を図る北部三大祭りの一つ、第15回野底つぃんだら祭(同実行委員会主催)が15日夕、野底小学校グラウンドで開かれ、地域内外から訪れた多くの人で賑わった。『つぃんだら節』など野底に...

七夕の星空 来場客満喫 加屋真島まつりに200人

 美ら花グループの創業65周年記念事業の一環で、石垣島北部と竹富町の西表石垣国立公園内が日本初の星空保護区に認定されたことを記念して「無人島カヤマ島七夕星まつり2018~天の川に愛を歌う~」(同実...

八重山の魅力を披露 八重農郷芸部がアトラクション

 第66回沖縄県学校農業クラブ連盟大会(主催・同連盟、県高等学校文化連盟)は2日目の6日、石垣市民会館などで意見とプロジェクト発表、平板測量競技が行われた。  アトラクションでは八重山農林高校...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク