全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全高速道にワイヤロープ 事故抑止に効果 2車線区間

 国土交通省は一部の暫定2車線区間で試行的に設置を進めていたワイヤロープ(WR)について、全国で本格設置を進める方針だ。試行設置の検証の結果、飛び出し事故を抑制する高い効果が確認されたためで、道東自動車道や帯広・広尾自動車道でも、橋やトンネル部分を除く土工区間でWRが設置される。高速道路会社管理の区間は2020年度まで、国管理の区間は22年度までの設置を目指す。

道東道など全国の暫定2車線区間で本格設置されるワイヤロープ(写真は磐越道、国交省提供)

 今後WRを設置するのは全国の暫定2車線区間のうち、4車線事業化中の区間や追い越し車線区間、技術的に難しい橋やトンネル部分を除く土工区間の約1500キロ。

 この中には、ネクスコ東日本道支社管理の道東道の千歳恵庭ジャンクション(JCT)-本別インターチェンジ(IC、トンネルなどを含む総距離193キロ)や、帯広開発建設部管理の帯広・広尾自動車道の帯広JCT-中札内IC(同36キロ)も含まれる。

 今後暫定2車線で開通する高速道路の土工区間には、WRが標準設置される。国交省道路局によると、今年度の着工区間や施工時期などは未定。橋やトンネル部分については設置技術の検証を行っており、実用化に向けた取り組みを進める。

 WRはロープの引っ張りで車両衝突時の衝撃に抵抗。現在主流のラバーポールよりも衝撃緩和性能が高く、国交省が昨年、道東道を含む全国の高速道路12路線23カ所に試行設置した。全国の合計では238件のWR接触事案があったが飛び出し事故につながったのは1件のみで、死亡事故は起きないなど効果が確かめられている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク