全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

日本一の木のブランコも姿 山口ゆめ花博へ準備着々

姿を現した日本一高い木製ブランコ(きらら博記念公園で)

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)の会場となる山口市阿知須のきらら博記念公園で、9月14日の開幕に向けて整備工事が続いている。多目的ドームやスポーツ広場以外は大半が立ち入り禁止区域となっており、県の同博推進室では来園者に理解と注意を呼び掛けている。一方、メインアトラクションの一つ、高さ30メートルの「日本一高い木のブランコ」が姿を現した。

 現在、進んでいる工事は来場者をたくさんの花で迎える「花の谷ゾーン」の花壇と園路の整備など。多目的ドーム前に広がる同ゾーンは1万2000平方メートルのうち8000平方メートルが花壇で、7月20日からは会場での植え付けが始まる。多目的ドームとスポーツ広場、サッカー・ラグビー場、多目的広場は通常通り使用できるが、トリムの広場では一部使用を制限するなど工事や準備に伴う規制があるため確認が必要。園内には至る所に整備区域内の立ち入り禁止を伝える看板が立てられている。

 そんな中でお目見えしたのが青空に向かって伸びるブランコだ。月の海周辺で海辺の自然を利用したダイナミックな遊びを体験できる「海の外遊びゾーン」のアトラクションで、海と空と大地を抱え込んで空中散歩しているような浮遊感を楽しめるという。同推進室によると、木製ブランコでは日本一の高さで、支柱には福井県産のスギを使用。直径は80センチあり、金具と3方向からのワイヤでしっかりと固定している。支柱間の幅は5・5メートル。子どもだけではなく大人の人気も集めそうだ。

 8月20日からは公園全体が運営態勢に入るため、入園できなくなる。同推進室では「整備工事中はご迷惑をお掛けするが、花博では1000万の花が咲き誇り、さまざまな魅力が体感できる。開幕を楽しみにしてほしい」と話している。花博は明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」の中核イベント。両ゾーンのほか、山の外遊びゾーン、庭のパビリオンゾーン、森のピクニックゾーンなど八つのゾーンで構成し、11月4日までの期間中、多彩なイベントやプログラムが行われる。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク