全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サンゴに関する知識学ぶ ラスト女子高生サンゴ守り隊

サンゴについて楽しく学ぶ観光コースの生徒=15日午前、同校マルチメディア室

 国際サンゴ礁年2018八重山商工プロジェクト(環境省石垣自然保護官事務所主催)の「サンゴレンジャープロジェクト!~ラスト女子高生サンゴ守り隊~」が8日から始まっており、観光コース3年生18人が参加、12月までサンゴの観察会やワークショップなどを行う。

 同プロジェクトは、サンゴ礁年イベントのサポートを行いながら、生徒らがサンゴ礁保全に関する知識と関心を深め、自然に親しむことが目的。

 第2回講座が15日、八商工マルチメディア室で行われ、生徒らはクイズやゲームで、サンゴに関する知識を楽しく学んだ後、環境省の職員から、サンゴ保全への取り組みなどを聞いた。

 大島悠莉さんは「クイズやゲームでサンゴについて楽しく学ぶことができた。地元のことを知るいい機会。これから、自分たちの島をどう守っていけばいいのか学んでいきたい」と話した。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク