全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内浜のタイ、つや姫の酢飯… 「庄内浜柿葉寿司」が完成

 庄内地方の新たな名物として農水産物などの食品加工事業などを手掛ける「出羽庄内」(鶴岡市、今野毅社長)が開発した「庄内浜柿葉寿司(かきのはずし)」が完成し、14日、関係者を集めた試食会が鶴岡市文化会館「荘銀タクト鶴岡」で開かれた。一般販売は8月ごろを予定している。

 庄内浜柿葉寿司は庄内が誇る米と特産物を組み合わせて新たな名物を生み出し、広く庄内をPRしようと昨年2月から開発。庄内浜文化伝道師で同市三瀬の老舗旅館「坂本屋」の石塚亮さんが商品をプロデュースした。

 庄内浜で水揚げされたタイは一部だけをあぶり赤い色が残るように工夫。さらにうま味を加えるためとろろ昆布を挟み、庄内産つや姫の酢飯の上に載せて押しずしにし、塩漬けにした庄内柿の若葉で包んだ。口取りとして温海カブの漬物とエイヒレを干した「カラゲ」の煮付けを添え、パッケージはオレンジ色で庄内柿をイメージ。庄内の食文化の豊かさが伝わる“一箱”に仕上げた。

 試食会には土産品店や商工、行政関係者など約40人が出席。仲川昌夫専務が「庄内浜の魚は新鮮でおいしく生で食べる機会が多いが、加工して全国に発信しようと開発した。地域でブランドづくりに取り組みたい」とあいさつ。石塚さんが商品のこだわりを説明し、「奥深い味わいを楽しんで」と話した。出席者は「柿の葉の香りが良くておいしい」「パッケージもかわいい」「季節に合わせて魚を変えては」などと意見を出していた。

 23日(土)、24日(日)の両日、酒田市公益研修センターで開かれる「酒田ととけん応援まつり」で先行販売する。両日とも限定50食で1食1200円。

庄内地方の新名物として開発された「庄内浜柿葉寿司」

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク