全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

密封容器に入った「かきまでご飯の素」(奥)の中身をご飯とまぜて作ったかきまぜご飯

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。

 印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時に、かきまぜご飯を作ってきたが、近年はあまり見られなくなった。  焼いたサバの骨からだしを取るのが特徴。このだしを使って焼きサバの身やシイタケなどの野菜を煮て、温かいご飯に混ぜ合わせれば出来上がり。  町では2年前から、県の事業「わがまち元気プロジェクト」を活用して「いなみの魅力発信!地産外商プロジェクト」に取り組んでおり、その一環として手軽に作って食べてもらえるように「かきまでご飯の素」を完成させた。  2合用で1袋700円(税込み)。販売は、開発の中心的な役割をしてきた地元主婦らでつくる「いなみの料理広め隊」がしている。  隊の小田美津子代表(75)によると、地元では「かきまぜ」を「かきまで」と言うことから、商品名は「かきまでご飯の素」とした。昔は印南でサバがたくさん取れたので、かきまぜご飯に使ったのではないかという。  小田代表は「商品が売れて大変ありがたい。伝統料理の味を多くの人に知ってもらいたいし、次の世代の若い人にも伝えていきたい。今回はその第一歩になった」と話している。  町によると、商品は当初500個作ったが、各店で品切れになったり品薄になったりした。追加で約600個を発注して現在は品薄の状態は解消しているという。  昔懐かしい味が受けていることや手軽に作れること、容器入りで日持ちすることなどが人気の理由と考えられ、年配者が一度にたくさん購入するケースもあるという。  販売所は、JA紀州ほんまもんふるさと産地直売所(みなべ町東吉田)、同JAフレッシュマート特産品直売所(印南町印南)、同JAのAコープいなみ(同)、阪和道印南サービスエリア(印南町西ノ地)上り、地場産あがら直売所(同)。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク