全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

密封容器に入った「かきまでご飯の素」(奥)の中身をご飯とまぜて作ったかきまぜご飯

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。

 印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時に、かきまぜご飯を作ってきたが、近年はあまり見られなくなった。  焼いたサバの骨からだしを取るのが特徴。このだしを使って焼きサバの身やシイタケなどの野菜を煮て、温かいご飯に混ぜ合わせれば出来上がり。  町では2年前から、県の事業「わがまち元気プロジェクト」を活用して「いなみの魅力発信!地産外商プロジェクト」に取り組んでおり、その一環として手軽に作って食べてもらえるように「かきまでご飯の素」を完成させた。  2合用で1袋700円(税込み)。販売は、開発の中心的な役割をしてきた地元主婦らでつくる「いなみの料理広め隊」がしている。  隊の小田美津子代表(75)によると、地元では「かきまぜ」を「かきまで」と言うことから、商品名は「かきまでご飯の素」とした。昔は印南でサバがたくさん取れたので、かきまぜご飯に使ったのではないかという。  小田代表は「商品が売れて大変ありがたい。伝統料理の味を多くの人に知ってもらいたいし、次の世代の若い人にも伝えていきたい。今回はその第一歩になった」と話している。  町によると、商品は当初500個作ったが、各店で品切れになったり品薄になったりした。追加で約600個を発注して現在は品薄の状態は解消しているという。  昔懐かしい味が受けていることや手軽に作れること、容器入りで日持ちすることなどが人気の理由と考えられ、年配者が一度にたくさん購入するケースもあるという。  販売所は、JA紀州ほんまもんふるさと産地直売所(みなべ町東吉田)、同JAフレッシュマート特産品直売所(印南町印南)、同JAのAコープいなみ(同)、阪和道印南サービスエリア(印南町西ノ地)上り、地場産あがら直売所(同)。

関連記事

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列 清水

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

「バナナ饅頭」マツコさん絶賛 池田「よねくら」に反響

 池田町を代表する銘菓で、土産物として100年以上親しまれ続ける「バナナ饅頭(まんじゅう)」が11日夜に放送されたTBS系のバラエティー番組「マツコの知らない世界」で紹介され、一躍、全国規模で脚...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク