全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

土砂災害の教訓学ぶ 啓発センターで授業

 和歌山県

「土石流模型装置」で災害について学ぶ子どもら(那智勝浦町市野々で)

那智勝浦町内の小学校が、同町市野々にある県土砂災害啓発センターの職員らを学校に招いたり、啓発センターを訪れたりし、土砂災害について学んでいる。町内で多くの犠牲者が出た紀伊半島大水害(2011年9月)の教訓を後世に伝えるための取り組みで、今年で3年目。関係者は「教訓を子どもたちに伝え、保護者らにも防災意識を波及させたい」としている。  紀伊半島大水害の際、町内では各所で土石流が発生するなどし、死者・行方不明者は29人に上った。  町教委では2016年度から、同年度に開所した啓発センターと啓発センター内にある国土交通省近畿地方整備局の大規模土砂災害対策技術センターとの共催で「土砂災害防止に関する総合学習授業」に取り組んでいる。  啓発センターの職員らがまず学校を訪問して土砂災害について事前の授業をした上で、啓発センターに来てもらってさらに詳しく学ぶという内容。16年度は市野々小学校、17年度は太田小学校の子どもたちがこの授業を受けた。  本年度は「土砂災害防止月間」(6月)に合わせて、色川小学校の4~6年生10人が4日、啓発センターを訪問。土砂災害への備えを学ぶ3D映像を見たり、施設内にある「土石流模型装置」で土砂災害が起きる様子や砂防堰堤(えんてい)の効果を学ぶなどした。6年生の矢守咲月さん(12)は「2日間にわたって教えてもらい、避難をすることがとても大事だと思った。学んだことを頭に入れておきたい」と話した。  町内には小学校が6校あり、町教委は今後、他の小学校にも取り組みを広げていく予定という。  啓発センターの坂口武弘所長は「子どもたちに教えると、保護者らにも情報が伝わるし、災害時に子どもが声を上げることで早期避難にもつながるので、子どもの防災意識を高めることは重要。要請があれば県内どこへでも出向きたいし、啓発センターにも来ていただきたい」と話している。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク