全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市立図書館にがん情報コーナー

がん情報コーナーで保健師の説明を受ける女性(市立図書館で)

 山口県宇部市立図書館(藤永義昭館長)は13日、館内にがん情報コーナーを設置した。国立がん研究センターから提供されたがんに関する冊子に加えて、がん患者への市の助成を紹介するチラシやリーフレットも置き、がんの予防から治療まで幅広く情報を提供していく。同センターががんの情報を全国各地に届ける「届けるを贈る 届けるを支える『がん情報ギフト』プロジェクト」を活用。冊子にはがんの種類ごとに診断、治療、家族としての対応などが掲載してあり、正しい知識を得ることができる。

 場所は医療関係の書架コーナーの近くで、市の「がん患者に優しいまちづくり」の推進に向けて、市保健センターから提供された市の「がん情報ハンドブック」やさまざまな助成制度のチラシも併せて置いている。藤永館長は「これまでもがんに関する本をまとめて借りていく人は多く、市民の関心の高さがうかがえた。情報発信の拠点となる図書館として、がんに関する情報を幅広く紹介していきたい」と話した。同日は館内で市保健センターの「出張ちいき保健室」も行われ、多くの来館者が血圧や骨の健康度を測定して健康状態を確認していた。がん検診に関するパネル展示、乳がんの触知体験などもあった。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク