全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長沼透石さん遺墨展開幕 未発表含む書130点 帯広

長沼さんの三回忌に合わせて開催された遺墨展。代名詞である前衛書のほか、幅広い作風の作品が展示されている

 北海道・十勝を代表する書家で、前衛作品をはじめ幅広い書表現に挑んだ故長沼透石(とうせき、本名・輝夫)さん=2015年に82歳で死去=の「遺墨展」が14日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。この日は長沼さんの三回忌にあたり、訪れた多くの来場者が作品一つ一つに見入り、功績をしのんだ。

十勝書文化向上に尽力
 長沼さんに師事した地元の書道関係者らでつくる実行委員会(金倉大愚委員長)の主催。長沼さんは帯広市生まれで、前衛書などの書道団体「奎星会」相談役、毎日書道展参与会員などを歴任。十勝の書文化向上にも尽力し、「北の屋台」や十勝の地酒「十勝晴れ」の題字を揮毫(きごう)するなど、管内各地に作品が残されている。

 今回は未発表作品を含む約130点を展示。前衛書のほか、臨書や手紙、折帖など多彩な書作品が会場を飾る。

 中でも長沼さんの書が記された石碑の拓本は、「十勝川治水の碑」(帯広市東15南3、水の森公園内)「芽室町体育館前本郷新彫刻『リズム』碑文」(芽室町東3条8)など7点を紹介。石碑は長沼さんの署名が記されていないものもあり、「知られていない作品も多い」(実行委)という。

 長沼さんの妻絢子さん(81)は「皆さまのおかげでこれだけのことをしていただき、感謝でいっぱいです」と話し、実行委の八重柏冬雷さんは「改めて長沼先生のすごさを感じることができた。書道を知らなくても見て感じることができると思う」と感慨深げに話していた。

 会場では遺墨展の作品などを収めた遺墨集を扱っている。A4判、80ページ。3000円。

 展示は19日まで。午前10時~午後6時半(最終日は午後4時まで)。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク