全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長沼透石さん遺墨展開幕 未発表含む書130点 帯広

長沼さんの三回忌に合わせて開催された遺墨展。代名詞である前衛書のほか、幅広い作風の作品が展示されている

 北海道・十勝を代表する書家で、前衛作品をはじめ幅広い書表現に挑んだ故長沼透石(とうせき、本名・輝夫)さん=2015年に82歳で死去=の「遺墨展」が14日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。この日は長沼さんの三回忌にあたり、訪れた多くの来場者が作品一つ一つに見入り、功績をしのんだ。

十勝書文化向上に尽力
 長沼さんに師事した地元の書道関係者らでつくる実行委員会(金倉大愚委員長)の主催。長沼さんは帯広市生まれで、前衛書などの書道団体「奎星会」相談役、毎日書道展参与会員などを歴任。十勝の書文化向上にも尽力し、「北の屋台」や十勝の地酒「十勝晴れ」の題字を揮毫(きごう)するなど、管内各地に作品が残されている。

 今回は未発表作品を含む約130点を展示。前衛書のほか、臨書や手紙、折帖など多彩な書作品が会場を飾る。

 中でも長沼さんの書が記された石碑の拓本は、「十勝川治水の碑」(帯広市東15南3、水の森公園内)「芽室町体育館前本郷新彫刻『リズム』碑文」(芽室町東3条8)など7点を紹介。石碑は長沼さんの署名が記されていないものもあり、「知られていない作品も多い」(実行委)という。

 長沼さんの妻絢子さん(81)は「皆さまのおかげでこれだけのことをしていただき、感謝でいっぱいです」と話し、実行委の八重柏冬雷さんは「改めて長沼先生のすごさを感じることができた。書道を知らなくても見て感じることができると思う」と感慨深げに話していた。

 会場では遺墨展の作品などを収めた遺墨集を扱っている。A4判、80ページ。3000円。

 展示は19日まで。午前10時~午後6時半(最終日は午後4時まで)。

関連記事

石油コンビナート火災に対応 特殊な消防車両部隊、道内唯一配備-苫小牧市で..

 石油コンビナート火災に対応するため、道内で唯一、苫小牧市に配備された消防部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」の運用が19日に始まった。同日、市消防本部(新開町)でセレモニーが行われ、消防...

宇部日報社

山口県庁にフードバンクポスト設置

 食品ロスの削減と生活困窮者への食料支援を行うフードバンク山口(今村主税理事長)は19日、山口県や吉本興業と連携して県庁1階エントランスホールに食料の寄付を受け付ける「フードバンクポスト」を設置し...

有機野菜ブランド化 期待 水耕栽培が本格化 鹿追

 2016年から稼働する町瓜幕バイオガスプラント(町瓜幕西30線)で、余熱を利用したビニールハウスが完成し、葉物野菜の有機水耕栽培が本格化している。収穫期を迎えた一部は、町内の学校給食に提供したり...

クマゼミにぎやかに鳴く 本格的な夏の訪れ告げる

 石垣市内ではクマゼミが鳴き始め、本格的な夏の訪れをにぎやかに告げている。19日午前、名蔵大橋周辺ではクマゼミの雄が腹部を小刻みに震わせ「シャアシャアシャア」と大合唱していた。  石垣島地方気象...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク