全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長沼透石さん遺墨展開幕 未発表含む書130点 帯広

長沼さんの三回忌に合わせて開催された遺墨展。代名詞である前衛書のほか、幅広い作風の作品が展示されている

 北海道・十勝を代表する書家で、前衛作品をはじめ幅広い書表現に挑んだ故長沼透石(とうせき、本名・輝夫)さん=2015年に82歳で死去=の「遺墨展」が14日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。この日は長沼さんの三回忌にあたり、訪れた多くの来場者が作品一つ一つに見入り、功績をしのんだ。

十勝書文化向上に尽力
 長沼さんに師事した地元の書道関係者らでつくる実行委員会(金倉大愚委員長)の主催。長沼さんは帯広市生まれで、前衛書などの書道団体「奎星会」相談役、毎日書道展参与会員などを歴任。十勝の書文化向上にも尽力し、「北の屋台」や十勝の地酒「十勝晴れ」の題字を揮毫(きごう)するなど、管内各地に作品が残されている。

 今回は未発表作品を含む約130点を展示。前衛書のほか、臨書や手紙、折帖など多彩な書作品が会場を飾る。

 中でも長沼さんの書が記された石碑の拓本は、「十勝川治水の碑」(帯広市東15南3、水の森公園内)「芽室町体育館前本郷新彫刻『リズム』碑文」(芽室町東3条8)など7点を紹介。石碑は長沼さんの署名が記されていないものもあり、「知られていない作品も多い」(実行委)という。

 長沼さんの妻絢子さん(81)は「皆さまのおかげでこれだけのことをしていただき、感謝でいっぱいです」と話し、実行委の八重柏冬雷さんは「改めて長沼先生のすごさを感じることができた。書道を知らなくても見て感じることができると思う」と感慨深げに話していた。

 会場では遺墨展の作品などを収めた遺墨集を扱っている。A4判、80ページ。3000円。

 展示は19日まで。午前10時~午後6時半(最終日は午後4時まで)。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク