全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長沼透石さん遺墨展開幕 未発表含む書130点 帯広

長沼さんの三回忌に合わせて開催された遺墨展。代名詞である前衛書のほか、幅広い作風の作品が展示されている

 北海道・十勝を代表する書家で、前衛作品をはじめ幅広い書表現に挑んだ故長沼透石(とうせき、本名・輝夫)さん=2015年に82歳で死去=の「遺墨展」が14日、帯広市民ギャラリー(JR帯広駅地下)で始まった。この日は長沼さんの三回忌にあたり、訪れた多くの来場者が作品一つ一つに見入り、功績をしのんだ。

十勝書文化向上に尽力
 長沼さんに師事した地元の書道関係者らでつくる実行委員会(金倉大愚委員長)の主催。長沼さんは帯広市生まれで、前衛書などの書道団体「奎星会」相談役、毎日書道展参与会員などを歴任。十勝の書文化向上にも尽力し、「北の屋台」や十勝の地酒「十勝晴れ」の題字を揮毫(きごう)するなど、管内各地に作品が残されている。

 今回は未発表作品を含む約130点を展示。前衛書のほか、臨書や手紙、折帖など多彩な書作品が会場を飾る。

 中でも長沼さんの書が記された石碑の拓本は、「十勝川治水の碑」(帯広市東15南3、水の森公園内)「芽室町体育館前本郷新彫刻『リズム』碑文」(芽室町東3条8)など7点を紹介。石碑は長沼さんの署名が記されていないものもあり、「知られていない作品も多い」(実行委)という。

 長沼さんの妻絢子さん(81)は「皆さまのおかげでこれだけのことをしていただき、感謝でいっぱいです」と話し、実行委の八重柏冬雷さんは「改めて長沼先生のすごさを感じることができた。書道を知らなくても見て感じることができると思う」と感慨深げに話していた。

 会場では遺墨展の作品などを収めた遺墨集を扱っている。A4判、80ページ。3000円。

 展示は19日まで。午前10時~午後6時半(最終日は午後4時まで)。

関連記事

紀伊民報社

富田川干上がる アユへの影響心配

 昨年10月以降、和歌山県の紀南地方で雨が少なく、富田川では近年にない大きな瀬切れが起こっている。漁協関係者は「昨秋から雨が少なく、アユのふ化と流下がうまくいったか心配だ。遡上(そじょう)が始ま...

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク