全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市長谷産「アワ」 新嘗祭献上へ

順調に成長するアワの苗を見守りながら、新嘗祭献上の喜びを語る吉田さんと牛山さん

 伊那市長谷で雑穀レストラン「野のもの」を営む吉田洋介さん(50)が生産する穀物の「アワ」が、11月23日に皇居で行われる新嘗祭に献上される。地区内の畑で大型連休明けの5月10日ごろに種まきし、現在は5センチほどの苗に成長。吉田さんは「責任もあるが、純粋にうれしい。これを機会に多くの人に長谷の雑穀を知ってもらえれば」と喜びをかみしめながら、日々汗を流す。

 新嘗祭は五穀豊穣に感謝する宮中行事。全国各地から穀物が献上され、県内からもコメとアワを納める。アワは昨年の辰野町産に続いて2年連続で上伊那地方から選ばれた。

 奈良県出身の吉田さんが、長谷に移住して雑穀を生産するようになって14年目。アマランサスなど6種類を栽培するが、今年のアワは例年よりも4割ほど多い50アールほどで育てている。

 生育は順調で9月中旬に収穫して脱穀する。800~900キロの収量を見通すが、新嘗祭には最高の状態の1升ほどを用意する。

 吉田さんは、雑穀の生産を一緒に手掛ける市の地域おこし協力隊員牛山沙織さん(31)と2人で皇居に出向き納める。牛山さんも「大変光栄なことで雑穀に注目が集まれば」と話す。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク