全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リオ五輪7人制ラグビー日本代表・彦坂選手講演

 2016(平成28)年のリオデジャネイロ五輪7人制ラグビー日本代表で豊橋市出身の彦坂匡克選手(27)=トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属=が13日、母校の同市立牟呂中学校で講演し、夢に向け大きな一歩を踏み出した中学時代などを振り返った。    彦坂選手は双子の弟・圭克さんと共に、牟呂中から春日丘高校(春日井市)、筑波大学を経て、現在はラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車ヴェルブリッツに所属する。  初めての母校での講演は、「後輩におくるメッセージ」をテーマに教員との対談形式。全校生徒と保護者ら約640人を前に行われた  彦坂さんは中3のとき、長時間の通学や多額の交通費などを理由に春日丘高校への進学を悩んだ際、背中を押してくれた両親の言葉を紹介。「やりたいことがあるなら応援すると言ってもらい、“花園”を目指すため、遠くの高校への進学を決めた」と語った。  また、中学時代のテストは常に10位以内で「時間を決める、親が見ているところで勉強する」などとアドバイス。所属していたサッカー部の練習や初恋についても、ざっくばらんに話した。  メダルにこそ、あと一歩届かなかったが、4位の好成績を残したリオ五輪。強豪ニュージーランドを倒した試合の映像を上映し、生徒たちに「やりたいことがあればチャレンジしてほしい。全力でやれば結果はついてくる」とエールを送った。    生徒を代表し、3年の金田紗也加さん(14)は「彦坂さんのように前を向いてチャレンジしていきたい」と感想を話した。  講演会は校区の青少年健全育成会が開いた。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク