全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リオ五輪7人制ラグビー日本代表・彦坂選手講演

 2016(平成28)年のリオデジャネイロ五輪7人制ラグビー日本代表で豊橋市出身の彦坂匡克選手(27)=トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属=が13日、母校の同市立牟呂中学校で講演し、夢に向け大きな一歩を踏み出した中学時代などを振り返った。    彦坂選手は双子の弟・圭克さんと共に、牟呂中から春日丘高校(春日井市)、筑波大学を経て、現在はラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車ヴェルブリッツに所属する。  初めての母校での講演は、「後輩におくるメッセージ」をテーマに教員との対談形式。全校生徒と保護者ら約640人を前に行われた  彦坂さんは中3のとき、長時間の通学や多額の交通費などを理由に春日丘高校への進学を悩んだ際、背中を押してくれた両親の言葉を紹介。「やりたいことがあるなら応援すると言ってもらい、“花園”を目指すため、遠くの高校への進学を決めた」と語った。  また、中学時代のテストは常に10位以内で「時間を決める、親が見ているところで勉強する」などとアドバイス。所属していたサッカー部の練習や初恋についても、ざっくばらんに話した。  メダルにこそ、あと一歩届かなかったが、4位の好成績を残したリオ五輪。強豪ニュージーランドを倒した試合の映像を上映し、生徒たちに「やりたいことがあればチャレンジしてほしい。全力でやれば結果はついてくる」とエールを送った。    生徒を代表し、3年の金田紗也加さん(14)は「彦坂さんのように前を向いてチャレンジしていきたい」と感想を話した。  講演会は校区の青少年健全育成会が開いた。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク