全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

安全に楽しく登下校を 加計呂麻島にスクールバス 鹿児島県瀬戸内町

スクールバスを前に記念撮影する伊子茂小中の子どもたち=12日、鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島の同校

 鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島地区のスクールバス「青雲号」の本格運行が12日、始まった。子どもたちの下校時間に合わせ、関係者、地域住民らで出発式を開催。鎌田愛人町長は「青雲の志を持ち、登下校時にこのバスに乗ることを楽しみにしてほしい」と子どもたちに呼び掛け、安全運行を願った。同町でのスクールバス運行は初めて。

 スクールバスは、本年度からの俵中学校休校に伴い、保護者の負担軽減を図るため、同校区と薩川中学校区の生徒、須子茂小学校区の児童生徒の通学用に導入された。14人乗り(運転手含む)のマイクロバスで、特定離島ふるさとおこし推進事業を活用し、約320万円で購入した。

 現時点での利用者は中学生2人、小学生2人の計4人。運行経路は朝の往路が芝を出発して実久―嘉入―瀬相―伊子茂まで所要時間は約1時間を予定。夕方はクラブ活動に参加する生徒を考慮して2便体制とする。

 バスの名称は伊子茂小中学校の児童生徒が考案。外観は地域おこし協力隊の才木美貴さんがバス名称と伊子茂集落をイメージしてデザインした。

 バスの運行・管理業務は辻原龍一さん(42)に委託。辻原さんは奄美市出身の元バス運転手で、「自分の経験を役立てたい」と採用を機に移住した。「伊子茂校の子どもたちの足となって安全運転で送迎したい」と抱負を語った。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク