全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

アカウミガメ 続々上陸 産卵シーズン

千里の浜に上陸・産卵したアカウミガメのサイズを測る調査員(13日午前0時50分ごろ、みなべ町山内で)

 絶滅危惧種に選定されているアカウミガメが、本州最大の産卵地として知られる和歌山県みなべ町山内の千里の浜に上陸し、産卵を始めている。12日夜から13日朝にかけては上陸3回、産卵2回が確認された。今月下旬から7月中旬にかけてが上陸・産卵のピークで、8月中旬ごろまで続く見通し。

 吉野熊野国立公園内にある千里の浜では毎年、NPO日本ウミガメ協議会(大阪府)や地元のみなべウミガメ研究班、青年クラブみなべ、日用品の大手メーカー・ライオン大阪工場(堺市)が調査・保護活動に取り組んでいる。  今年は5月25日に、みなべウミガメ研究班が上陸・産卵の痕跡を初確認。調査員が浜を交代で夜通し歩いて上陸してきたウミガメを探す本格的な調査が始まった8日以降では、13日朝までに上陸7回、産卵4回を確認している。  みなべ町は今年「ウミガメ保護条例」を制定、千里の浜近くには調査や保護、学習の拠点となる「みなべ町千里ウミガメ館」を建てた。  協議会の松沢慶将会長(49)は「今年はウミガメ館が新しくできるなど、みなべのウミガメの軌跡に新しい一ページが加えられた。これまで約30年間、ウミガメに標識を取り付ける調査をしてきたが、今秋には今までの研究を整理して展示に使えるようにしたい。今のところ、全国的に上陸・産卵の出足が良くないので、今後の伸びに期待したい」と話している。  協議会によると、日本の近海では5種類のウミガメが見られ、そのうちアカウミガメとアオウミガメ、タイマイの3種類が日本の砂浜で産卵する。アカウミガメが浜に上陸し、穴を掘って産卵して埋め、海に戻るまで最短で1時間、平均して2時間ほどかかるという。  アカウミガメは環境省のレッドリストでは、近い将来に野生での絶滅の危険性が高いとされる「絶滅危惧IB類」に選定されている。  観察には、町教育委員会への許可申請が必要。ライトを照らさない▽フラッシュ・ストロボ撮影は禁止▽産卵するまで近寄らない▽ペット同伴禁止―などのルールを設けている。詳しくは町ホームページに掲載している。問い合わせは町教委(0739・74・3134)へ。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク