全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

25周年記念展 開幕 「室内風景」里帰り 神田日勝美術館 鹿追

(左から)「室内風景」と海老原氏の作品「1969年3月30日」を比較展示している記念展

 神田日勝記念美術館(町東町3、小林潤館長)の開館25周年記念展「室内風景を巡る、これまでとこれから」が12日、同美術館で始まった。日勝最後の完成作「室内風景」と、制作過程で大きな影響を受けたとされる海老原暎氏(東京)の作品「1969年3月30日」を比較展示している。9月2日まで。

 道立近代美術館蔵の「室内風景」(1970年)は、5年ぶりに期間中の里帰り。この絵の背景一面に描かれた新聞紙が、長年の調査で海老原氏の作品に影響を受けたことが分かっており、今回初めて借り受け、両作品を並べて展示した。

 また、画業初期のモノクローム作品や、中期の「画室」連作などカラフルな作品もあり、最晩年の集大成とされる「室内風景」に至る軌跡をたどることができる。全21作品。

 初日に夫婦で来館した酒井哲夫さん(68)=帯広市=は「昔から日勝が好き。海老原氏の作品とは絵のタッチも似ていて、影響を受けたことが納得できる。展示法が面白かった」と話していた。

 午前10時~午後5時。月曜休館。観覧料は一般520円、高校生310円、小中学生210円。問い合わせは同館(0156・66・1555)へ。

関連記事

紀伊民報社

「和」の催しで街中活性化  田辺市「ときわ通り」

 和歌山県田辺市新屋敷町の「ときわ通り」で17日、「和」をテーマにした催し「ときわ通りひなまつり第二巻」(田辺まちなか春祭り実行委員会主催)があり、和服姿の人たちや親子連れらでにぎわった。  街...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さい...

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク