全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

25周年記念展 開幕 「室内風景」里帰り 神田日勝美術館 鹿追

(左から)「室内風景」と海老原氏の作品「1969年3月30日」を比較展示している記念展

 神田日勝記念美術館(町東町3、小林潤館長)の開館25周年記念展「室内風景を巡る、これまでとこれから」が12日、同美術館で始まった。日勝最後の完成作「室内風景」と、制作過程で大きな影響を受けたとされる海老原暎氏(東京)の作品「1969年3月30日」を比較展示している。9月2日まで。

 道立近代美術館蔵の「室内風景」(1970年)は、5年ぶりに期間中の里帰り。この絵の背景一面に描かれた新聞紙が、長年の調査で海老原氏の作品に影響を受けたことが分かっており、今回初めて借り受け、両作品を並べて展示した。

 また、画業初期のモノクローム作品や、中期の「画室」連作などカラフルな作品もあり、最晩年の集大成とされる「室内風景」に至る軌跡をたどることができる。全21作品。

 初日に夫婦で来館した酒井哲夫さん(68)=帯広市=は「昔から日勝が好き。海老原氏の作品とは絵のタッチも似ていて、影響を受けたことが納得できる。展示法が面白かった」と話していた。

 午前10時~午後5時。月曜休館。観覧料は一般520円、高校生310円、小中学生210円。問い合わせは同館(0156・66・1555)へ。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク