全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自然環境功労者大臣表彰と野生生物保護功労受賞報告 県に伊澤教授と㈱とかしき

「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰の伊澤雅子教授(中左)と㈱とかしきの大城秀幸会長(中右)、遠藤周平さん(右)。左は大浜浩志環境部長=11日、県庁

 【那覇】イリオモテヤマネコなどの生態研究をする琉球大学理学部の伊澤雅子教授と㈱とかしき=渡嘉敷村=が11日、県庁を訪れ、大浜浩志環境部長に自然環境功労者環境大臣表彰と愛鳥週間野生生物保護功労者表彰の受賞を報告した。

 調査学術研究部門で「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰を受けた伊澤教授は、イリオモテヤマネコのほか、クビワオオコウモリやケナガネズミ、ヤンバルクイナなど琉球列島の希少種の生態を研究するとともに、県の自然環境保護審議会の委員を務めるなど、自然環境の研究、普及啓発活動に取り組んだことが評価された。

 ㈱とかしきは、愛鳥週間野生生物保護功労者表彰で環境省自然環境局長賞を受賞。ベニアジサシの国内最大の繁殖地「チービシ」で2003年から環境省や県、渡嘉敷村などと協力してアジサシ類に配慮した観光を行うほか、繁殖地保護のため立ち入り防止柵や看板の設置など観光客へ注意喚起を行い、2017年度はベニアジサシ1640巣、エリグロアジサシ70巣の巨大コロニーが確認された。

 伊澤教授は「研究を続けてきた三十数年間で、ヤマネコをめぐる環境も変わり、新しい問題が次々と発生している。私たちの研究が少しでも役に立つようこれからも取り組んでいきたい」と述べた。

 大浜部長は「20世紀最大の発見とまで言われたイリオモテヤマネコの生態の一端が解明されたことや県の自然保護に寄与したことが大きく評価された」と受賞を喜んだ。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク