全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自然環境功労者大臣表彰と野生生物保護功労受賞報告 県に伊澤教授と㈱とかしき

「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰の伊澤雅子教授(中左)と㈱とかしきの大城秀幸会長(中右)、遠藤周平さん(右)。左は大浜浩志環境部長=11日、県庁

 【那覇】イリオモテヤマネコなどの生態研究をする琉球大学理学部の伊澤雅子教授と㈱とかしき=渡嘉敷村=が11日、県庁を訪れ、大浜浩志環境部長に自然環境功労者環境大臣表彰と愛鳥週間野生生物保護功労者表彰の受賞を報告した。

 調査学術研究部門で「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰を受けた伊澤教授は、イリオモテヤマネコのほか、クビワオオコウモリやケナガネズミ、ヤンバルクイナなど琉球列島の希少種の生態を研究するとともに、県の自然環境保護審議会の委員を務めるなど、自然環境の研究、普及啓発活動に取り組んだことが評価された。

 ㈱とかしきは、愛鳥週間野生生物保護功労者表彰で環境省自然環境局長賞を受賞。ベニアジサシの国内最大の繁殖地「チービシ」で2003年から環境省や県、渡嘉敷村などと協力してアジサシ類に配慮した観光を行うほか、繁殖地保護のため立ち入り防止柵や看板の設置など観光客へ注意喚起を行い、2017年度はベニアジサシ1640巣、エリグロアジサシ70巣の巨大コロニーが確認された。

 伊澤教授は「研究を続けてきた三十数年間で、ヤマネコをめぐる環境も変わり、新しい問題が次々と発生している。私たちの研究が少しでも役に立つようこれからも取り組んでいきたい」と述べた。

 大浜部長は「20世紀最大の発見とまで言われたイリオモテヤマネコの生態の一端が解明されたことや県の自然保護に寄与したことが大きく評価された」と受賞を喜んだ。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク