全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口県の天然記念物ノハナショウブ見頃

 山口市稔畑(下小鯖)の山中に自生する県天然記念物のノハナショウブが見頃を迎えている。雨にぬれ、鮮やかさを増した濃淡の紫や白色の花が訪れた人を楽しませている。ノハナショウブは、標高約380メートルの山中の保護柵で囲まれた約1500平方メートルの湿地帯に自生している。土地を所有する地元の中川守さん(84)が「より多くの人に楽しんでもらいたい」と、40年以上前から周辺の草刈りや湿地帯の雑草取りなどの管理を行っている。敷地内にはサクラやツツジ、アジサイも植えられており、小鳥のさえずりを聞きながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

 中川さんによると、開花は例年に比べて10日ほど早く、今週末までが見頃だという。「先週末から花が一斉に開き、近年では一番の美しさ。訪れてよかったと思ってもらえるとうれしい」と笑顔で話した。自生地までは、国道262号から県道山口徳山線に入り約5キロ進むと案内板がある。そこから山道を約1・5キロ。

見頃を迎えたノハナショウブ(稔畑の自生地で)

関連記事

石油コンビナート火災に対応 特殊な消防車両部隊、道内唯一配備-苫小牧市で..

 石油コンビナート火災に対応するため、道内で唯一、苫小牧市に配備された消防部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」の運用が19日に始まった。同日、市消防本部(新開町)でセレモニーが行われ、消防...

宇部日報社

山口県庁にフードバンクポスト設置

 食品ロスの削減と生活困窮者への食料支援を行うフードバンク山口(今村主税理事長)は19日、山口県や吉本興業と連携して県庁1階エントランスホールに食料の寄付を受け付ける「フードバンクポスト」を設置し...

有機野菜ブランド化 期待 水耕栽培が本格化 鹿追

 2016年から稼働する町瓜幕バイオガスプラント(町瓜幕西30線)で、余熱を利用したビニールハウスが完成し、葉物野菜の有機水耕栽培が本格化している。収穫期を迎えた一部は、町内の学校給食に提供したり...

クマゼミにぎやかに鳴く 本格的な夏の訪れ告げる

 石垣市内ではクマゼミが鳴き始め、本格的な夏の訪れをにぎやかに告げている。19日午前、名蔵大橋周辺ではクマゼミの雄が腹部を小刻みに震わせ「シャアシャアシャア」と大合唱していた。  石垣島地方気象...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク