全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広南商珠算部V4 夏全国へ 北海道高校大会

 「第71回北海道高校珠算・電卓競技大会」(1日・札幌)の珠算部門・団体総合で、帯広南商業高校珠算部(近藤沙都稀部長、部員6人)が優勝し、4連覇を果たした。個人総合部門でも3人が入賞し高い実力を示したが、部員たちは「全力を出し切れず、反省点も多い。全国へ練習を積みたい」と謙虚に前を見据えている。

道大会で4連覇を果たし、全国大会へ駒を進める帯広南商業の(左から)中捨さん、近藤部長、林中さん

 珠算部門には道内6校が出場し、1人600点満点の問題で合計得点を競った。団体総合は各校の上位成績者3人の合計得点で順位を決定。

 帯広南商業は近藤部長(3年)と林中奈瑠さん(同)、中捨綾香さん(1年)の合計が1340点となり、準優勝の函館商業の1330点を僅差で上回った。

 帯広南商業は昨年、新入生の入部がなかったが、今年は1年生4人が加入。4年連続の優勝が懸かる中で3年生2人のプレッシャーは大きく、林中さんは「普段通りの力は出せなかったが、優勝と発表された時は安心した」と喜ぶ。

 全国大会では一昨年、昨年とも4位と上位入賞を果たした。春休みには群馬で他校と合宿し、強豪校と肩を並べるまでに成長。緊張に負けず力を出し切れるよう、人通りが多い校舎1階のホールで問題を解くなど練習を重ねている。

 今年の全国大会は8月1日、東京で開かれる。林中さんは「全道では失点が多かった。1問の重みを感じて優勝を目指したい」と話し、初の全国大会となる中捨さんも「怪しい部分をなくし、理解力を上げたい」と気を引き締める。近藤部長は「3年生は後悔のないように、1年生は経験を養う場に」と健闘を誓っている。

 道大会の個人では、林中さんが2等、近藤部長が3等、中捨さんが佳良に入った。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク