全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広南商珠算部V4 夏全国へ 北海道高校大会

 「第71回北海道高校珠算・電卓競技大会」(1日・札幌)の珠算部門・団体総合で、帯広南商業高校珠算部(近藤沙都稀部長、部員6人)が優勝し、4連覇を果たした。個人総合部門でも3人が入賞し高い実力を示したが、部員たちは「全力を出し切れず、反省点も多い。全国へ練習を積みたい」と謙虚に前を見据えている。

道大会で4連覇を果たし、全国大会へ駒を進める帯広南商業の(左から)中捨さん、近藤部長、林中さん

 珠算部門には道内6校が出場し、1人600点満点の問題で合計得点を競った。団体総合は各校の上位成績者3人の合計得点で順位を決定。

 帯広南商業は近藤部長(3年)と林中奈瑠さん(同)、中捨綾香さん(1年)の合計が1340点となり、準優勝の函館商業の1330点を僅差で上回った。

 帯広南商業は昨年、新入生の入部がなかったが、今年は1年生4人が加入。4年連続の優勝が懸かる中で3年生2人のプレッシャーは大きく、林中さんは「普段通りの力は出せなかったが、優勝と発表された時は安心した」と喜ぶ。

 全国大会では一昨年、昨年とも4位と上位入賞を果たした。春休みには群馬で他校と合宿し、強豪校と肩を並べるまでに成長。緊張に負けず力を出し切れるよう、人通りが多い校舎1階のホールで問題を解くなど練習を重ねている。

 今年の全国大会は8月1日、東京で開かれる。林中さんは「全道では失点が多かった。1問の重みを感じて優勝を目指したい」と話し、初の全国大会となる中捨さんも「怪しい部分をなくし、理解力を上げたい」と気を引き締める。近藤部長は「3年生は後悔のないように、1年生は経験を養う場に」と健闘を誓っている。

 道大会の個人では、林中さんが2等、近藤部長が3等、中捨さんが佳良に入った。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク