全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

春の白神ウイーク開幕

ブナの森を思い描き苗木を植樹。米国から短期留学中の高校生(右)も一役

 白神山地の世界自然遺産登録25周年を記念し、藤里町が企画した「春の白神ウイーク」は10日、「ここは森好きが育つ場所」をテーマに開幕した。初日は同町内でブナの植樹や岳岱自然観察教育林の散策、サイクリングなどの催しが行われ、町内外の80人余りが緑が濃さを増してきた白神の森に親しみ、世界遺産の価値を体感した。ウイークは17日まで。
 秋田・青森両県に広がる白神山地は、5年12月11日にユネスコの世界自然遺産に登録。町は、登録25周年を機に「白神ブランド」の再活性化を図ることなどを狙いに、春と秋に「白神ウイーク」を設定し、集中的にイベントを開催する。
 同町藤琴の白神山地世界遺産センター藤里館前でオープニングセレモニーが行われ、佐々木町長が、世界遺産の麓の町の歩みをブナの成長になぞらえ、「この25年は地力を蓄える時間だったと思う。遺産登録に尽力した多くの先輩、バトンを受け継ぎ奮闘する諸氏の努力が実を結び、大地にこぼれ落ちるのはこれから。『森好きが育つ場所』を目指した新たな始まりを宣言する」とあいさつ。各種イベントを展開した。
 催しのうち「岳岱プレミアムライド」は、岳岱入り口から同館まで、町道黒石線と県道西目屋二ツ井線を自転車で走る新企画で、町内をはじめ秋田、男鹿、北秋田の各市から30代〜60代の自転車愛好者14人が参集。
 下りがほとんどの木漏れ日が心地よい林間コースで、緑あふれ、野鳥の鳴き声や渓流の水音も響く約22㌔の道のりを愛車で疾走。秋田市の佐藤則康さん(48)は「ずっと林の中かと思っていたら、川や谷もあってダイナミックな景色だった」、同市の今中隆介さん(52)は「ブナから植林したスギへと樹木の植生の変化が分かって面白い」と満足そうな笑顔を見せた。
 このほか、ブナの植樹は苗木60本を用意し、森林基幹道米代線沿いの町有地で実施。町内の女性たちを中心に約40人が1人1本ずつ植え付けたほか、サイクリングを終えた人たちもブナの森づくりに一役買った。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク