全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

春の白神ウイーク開幕

ブナの森を思い描き苗木を植樹。米国から短期留学中の高校生(右)も一役

 白神山地の世界自然遺産登録25周年を記念し、藤里町が企画した「春の白神ウイーク」は10日、「ここは森好きが育つ場所」をテーマに開幕した。初日は同町内でブナの植樹や岳岱自然観察教育林の散策、サイクリングなどの催しが行われ、町内外の80人余りが緑が濃さを増してきた白神の森に親しみ、世界遺産の価値を体感した。ウイークは17日まで。
 秋田・青森両県に広がる白神山地は、5年12月11日にユネスコの世界自然遺産に登録。町は、登録25周年を機に「白神ブランド」の再活性化を図ることなどを狙いに、春と秋に「白神ウイーク」を設定し、集中的にイベントを開催する。
 同町藤琴の白神山地世界遺産センター藤里館前でオープニングセレモニーが行われ、佐々木町長が、世界遺産の麓の町の歩みをブナの成長になぞらえ、「この25年は地力を蓄える時間だったと思う。遺産登録に尽力した多くの先輩、バトンを受け継ぎ奮闘する諸氏の努力が実を結び、大地にこぼれ落ちるのはこれから。『森好きが育つ場所』を目指した新たな始まりを宣言する」とあいさつ。各種イベントを展開した。
 催しのうち「岳岱プレミアムライド」は、岳岱入り口から同館まで、町道黒石線と県道西目屋二ツ井線を自転車で走る新企画で、町内をはじめ秋田、男鹿、北秋田の各市から30代〜60代の自転車愛好者14人が参集。
 下りがほとんどの木漏れ日が心地よい林間コースで、緑あふれ、野鳥の鳴き声や渓流の水音も響く約22㌔の道のりを愛車で疾走。秋田市の佐藤則康さん(48)は「ずっと林の中かと思っていたら、川や谷もあってダイナミックな景色だった」、同市の今中隆介さん(52)は「ブナから植林したスギへと樹木の植生の変化が分かって面白い」と満足そうな笑顔を見せた。
 このほか、ブナの植樹は苗木60本を用意し、森林基幹道米代線沿いの町有地で実施。町内の女性たちを中心に約40人が1人1本ずつ植え付けたほか、サイクリングを終えた人たちもブナの森づくりに一役買った。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク