全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「豊川海軍工廠平和公園」を小坂井西小が訪問

 9日に開園した「豊川海軍工廠平和公園」(豊川市穂ノ原3)に11日、豊川市立小坂井西小学校(飛松秀美校長)の6年生児童126人が訪れ、平和の尊さを学んだ。今後、秋にかけて他校の6年生児童も来園する。  市内の小学6年生による社会見学の第1号として訪れた小坂井西小の子どもらは、平和交流館で工廠の歴史や米軍の空襲などを記録したDVDを鑑賞した後、学級ごとに4グループに分かれて園内を巡った。  語り継ぎボランティアが各グループに2人ずつ付き添って案内。平和交流館では空襲で命を落とした石川智代さんの遺言状や遺髪、大林淑子さんの日記も展示され、石川さんが両親に宛てた「命は散っても魂だけはこの世に残してお父様、お母様のお体をお守りします」といった言葉を目に焼き付けた。石川さんと同世代の兄がいる渡辺泰生君(12)は「今の僕たちの生活がどんなに幸せかと思う。平和は本当に大切だと感じた」と振り返った。  この他、保存・展示されている第一火薬庫や第三信管置場の内部や、掘られただけの防空壕(ごう)なども見学。当時は交代制で24時間稼働していたため各地に設置された、当時の姿で残る街路灯も観察した。  児童らは午前中は三河国分尼寺史跡公園(八幡町)を見学。今年度以降、他校も同様にバスツアーで訪れる予定となっている。  入園無料の同園には開園初日の9日は1688人、10日は1013人が来園している。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク