全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大岩戸(鶴岡出身元幕内)400人前に断髪式

 今年の大相撲5月場所を最後に引退した鶴岡市出身の元幕内・大岩戸(37)=八角部屋、本名・上林義之=の断髪式が9日、東京・両国国技館で行われた。相撲関係者をはじめファンや母校の近畿大関係者、地元後援会など400人余が詰め掛け、土俵を去って新たな人生のスタートを切る大岩戸を祝福した。

 断髪式は土俵上に赤いシートを敷いて行われ、相撲関係者をはじめ近畿大関係者、親交のあるボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太選手(32)、漫画家のやくみつる氏といった著名人、地元後援会、父の哲弥さん(65)=鶴岡市=など約230人が少しずつはさみを入れていった。紋付きはかま姿の大岩戸ははさみを入れてもらう際、一人一人から掛けられるねぎらいの言葉に会釈で応じ、時折ハンカチで目頭を押さえる様子も見せた。最後に師匠の八角親方(元横綱・北勝海)が一気に大銀杏(おおいちょう)を切り落とした。

 断髪式では、幕内力士の勢(31)=伊勢ノ海部屋=が大岩戸本人のオファーに応えて相撲甚句の披露。多くの稽古を共に重ねたという先輩力士の相撲道をたたえ、前途を祝した。

 その後の国技館大広間で行われた引退披露パーティーでは、整髪した大岩戸を囲んで祝宴。大岩戸は「厳しい親方たちのねぎらいの言葉が最後に待っていたご褒美のようで、込み上げるものがあった。次の人生でも相撲で学んだことを生かし、根気強く諦めずに頑張りたい」と語った。

 大岩戸は加茂水産高、近畿大卒。近畿大相撲部時代に学生横綱のタイトルを獲得し、2004年春場所で初土俵を踏んだ。13年春場所では十両から昇進し新入幕。昨年の5月場所では7戦全勝で優勝を決め、戦後最年長(36歳)での幕下優勝を果たした。最高位は東前頭16枚目。今後、横須賀市に本社がある貴金属リサイクル業の会社に就職し、第二の人生を歩む。

師匠の八角親方に大銀杏にはさみを入れてもらう大岩戸

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク