全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅むしり取られる JAが注意呼び掛け

梅の盗難未遂があった現場(みなべ町埴田で)

 和歌山県みなべ町埴田の梅畑で7日夜~8日早朝にかけて、木から南高梅約30キロがむしり取られる被害があった。畑を所有する男性(63)によると、現場近くには路肩に脱輪した軽トラックが乗り捨てられており、梅もその場に残して逃げていたという。田辺市やみなべ町では近年、梅干しや原料となる青梅の盗難が続いており、JAは注意を呼び掛けている。

 男性によると、7日午後5時ごろまで梅畑で作業した。翌朝5時半ごろに収穫のために梅畑に行くと、路肩に乗り捨てられた見知らぬ軽トラックがあった。木から実がむしり取られているなど畑が荒らされており、知人を通じて警察に通報した。近くにはコンテナ1杯分ほどの梅が放置されていたという。男性は「コンテナには葉や落ち梅も交ざっていて、手当たり次第盗もうとしたんだと思う。一生懸命育て、やっと収穫できる時に盗みに来るとは腹立たしい」と憤慨している。  JA紀州は11日朝、この事案を組合員にファクスで通知し、注意するように呼び掛けた。同JAみなべ営農販売センターは「農家が精魂込めて栽培した梅を盗むとは、あってはならないこと。農家には日頃から盗難に気を付けるように呼び掛けているが、より注意を徹底したい」と話している。  一方、JA紀南指導部も「これまで注意を呼び掛けてきたが、今後も警戒を強めたい。農家にはメール配信で伝えたい」と話している。  田辺署は窃盗未遂の疑いで、現場に残された車の所有者を割り出すなど、捜査している。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク