全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

留学生が宇部のニュースを母国インドネシアに配信

 インドネシアから山口県宇部市の山口大大学院技術経営研究科に留学中のグランディ・ウィリアム・キンシーさん(24)が、母国のテレビ番組に宇部の祭りや名所などを配信し、第二の古里の知名度アップに一役買っている。9月に2年間の修士課程を終えるが、それまでにさまざまな宇部の暮らしを伝えたいと張り切っている。キンシーさんは、厚東校区のサマースクールに参加したり、市姉妹都市友好協会の総会で講師を務めたりするなど、積極的に地域と関わってきた。昨年からはインドネシアの全国放送局NETの市民ジャーナリストとなり、無償でニュースを提供。これまでに常盤公園の彫刻、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」、八十八夜お茶まつり、新川市まつり、旧吉部小校舎の活用、宇部で食べられるもんじゃ焼き、そうめん流しなど100本以上を取材。多くがテレビやネットで放送された。

 取材はすべて自分で撮影し、リポーター役も務める。「日本といえば、東京や京都などの大都市や観光地しか知らない人が多い。一つの町の行事や生活を伝えることで、日本や宇部をもっと知ってもらい、好きになってほしかった」「宇部に行ってみたいという反響もインドネシアから届いている。知名度も上がっているはず」と話す。今後は、留学生との交流活動を続けているNPO法人ワン・フォー・オール(河野邦彦会長)と協力。学校の文化祭や運動会、塾などもっと深い日本や宇部を取材。放送されたニュースの上映会も開きたいと意欲をみせている。キンシーさんの配信はインスタグラム(@grandywilliamk)で見ることができる。

宇部のニュースを配信しているキンシーさん(宇部日報社で)

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク