全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大人のミニチュアカー展

豊川で黄色をテーマに500台以上

 豊川市一宮町栄のミニチュアワールドカフェ特設会場で9日、ミニチュア・カー・ワールド・ミーティング・イン・トヨハシ(市原三千男代表)主催の「大人たちのミニチュアカー展20th」が2日間の日程で始まった。きょう10日は午前10時から午後6時まで。  今回は黄色をテーマに、F1やラリーカー、クラシックカーなど、樹脂や金属を素材としたハンドビルドのミニチュアカーを500台以上展示。ロボットのプラモデルやジオラマなども一緒に紹介され、車を中心としたコレクションがファンや家族連れを楽しませる。  多い日は1000人以上が来場する人気イベントは、1999(平11)年から始まり今年で20周年。地元の版画家で、アルファロメオなどをテーマにした作品を手掛ける牧田哲明さん(83)も来場し、版画などを展示。テレビ番組にも出演したジオラマ作家・山田卓司さんら有名アーティストらが訪れ、ファンと交流している。  グッズや玩具の販売もあり、事務局の岡本晴広さん(54)は「最近はファンの年齢層が高いけど、子どもさんもミニカーを通じて興味を持ってほしい」と期待した。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク