全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

架空請求はがき相次ぐ 7日だけで17件 帯広署管内

「民間訴訟通達センター」と名乗り、一般家庭に送り付けられたはがき

 実在しない「民間訴訟通達センター」を名乗るはがきが一般家庭に送りつけられる事案が、十勝管内で相次いでいる。帯広署には7日だけで17件の相談があった。現金をだまし取られる被害は現時点で発生していないが、同署は注意を呼び掛けている。

 はがきは「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し、「契約会社から訴状が提出された」「連絡がない場合は不動産などの差し押さえを強制的に執行する」といった内容。はがきの送付日から近い日付を「取り下げ最終期日」とし、周囲との相談時間を取りづらくしている。

 7日に相談があった事案は、いずれも60~70代の女性にはがきが宛てられたもの。同署によると、架空請求はがきに関する1日の相談件数としては過去5年で最多という。8日も午後8時までに16件の相談があった。今年に入ってからの相談件数は225件となり、既に昨年1年間の117件を大幅に上回る。

 8日に、はがきが家に届いたという帯広市内の女性(75)は「警察に相談して詐欺だと分かり、ホッとした」と話す。はがきに身に覚えはなかったが、目にした時は少し不安になったという。

 3月には札幌市の50代女性が同様の手口で、現金を8回にわたって送金し2500万円をだまし取られた。同署は「身に覚えがないと感じたら、家族や警察に相談してほしい」と呼び掛けている。電話番号は0155・25・0110。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク