全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

今後の観光のあり方探る 市観光プラットフォーム会議

第1回石垣市観光プラットフォーム会議で、今後の市の観光のあり方について意見を交わすパネリストら=8日夕、市健康福祉センター

 2018年度第1回石垣市観光プラットフォーム会議(市主催)が8日夕、石垣市健康福祉センターで開かれ、観光業者らがパネルディスカッションを通して市の今後の観光のあり方を探った。世界自然保護基金(WWF)サンゴ礁保護研究センター長の鈴木倫太郎氏ら9人がパネリストとして、アンケート結果を基にそれぞれの立場から意見を交わした。市観光アドバイザーの谷口正和氏が司会を務めた。

 鈴木氏は自然環境への影響について「観光基本計画を具体的にどうしていくかまで踏み込んでさまざまな立場の人から意見を聞くことが重要。資源である自然を守ることによって観光客も恩恵を感じる。持続可能な観光を目指していく必要がある」と指摘。

 八重山高校教諭の伊集満枝氏は「島の子どもたちが何も知らない。島にいる間に魅力や足元にある宝に気づいて、自分のアイデンティティーを意識してもらいたい」と述べ、人材育成の重要性を強調した。  東海交通合資会社代表の請盛真実氏はクルーズ船が寄港した際に市街地でバスやタクシーが不足することに触れ、「国内の観光客に非常に迷惑をかけている。交通環境について市全体で考え、石垣島の魅力をつくりあげていかないといけない」と危機感を口にした。

 このほかに、パネリストの1人から「観光客の増加で石垣の観光産業は潤っているように思うが、なかなか従業員に還元できていない気がする。一般市民が恩恵を受ける仕組みをつくっていく必要がある」との提起もあった。

 パネルディスカッションを前に「世界に学ぶデザインシティーの魅力」の演題で講話した谷口氏は、スペイン北部のビルバオという町やタヒチ、フィジーなどの事例を紹介し、「小さくてもいいから、このかいわいを徹底的にきれいにするといった時間をつくること、発火点をつくることが重要」などと助言した。

 冒頭、中山義隆市長は「上がった意見を参考にしながら観光施策がよりよいものになるように職員一丸となって頑張っていきたい」とあいさつした。

関連記事

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク