全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

育て友好の証し ブラジル国花「イペー」を植樹

グラウンドにイペーの苗木を植樹する児童代表(8日、白浜町十九渕で)

 和歌山県民や県出身者でつくる「県中南米交流協会」(真砂睦代表)は、県内からの移住者が多いブラジルをもっと身近に感じてもらおうと、ブラジルの国花である「イペー」を田辺市や周辺の公園、学校などに植樹した。会員らはブラジルと和歌山県の友好のシンボルとなるよう期待している。

 県内からの海外移民は全国で6番目に多く、とりわけブラジルへは紀南地方から大勢が移民した。戦後まもなくは田辺地方からが多かった。  昨年10月にブラジル・サンパウロで和歌山県ブラジル移住100周年記念式典が開かれた際、真砂代表が友好のシンボルにと県内でイペーを植樹することを提案した。  イペーは、ノウゼンカズラ科の落葉高木で、ブラジルでは春に鮮やかな花を咲かせる。ピンクや紫、白色もあるが、黄色がポピュラーで「ブラジルの黄色い桜」と呼ばれる。  日本国内では、かつて南米への移住基地だった神戸市の「海外移住と文化の交流センター」に植えられているほか、鹿児島県を拠点に活動する専門家グループ「イペー研究会」のメンバーが全国各地で試験栽培している。一般的なイペーは寒さに弱いが、同グループは寒さに強い品種を選別して育てており、交流協会はその品種の苗木を譲ってもらった。  苗木は高さ1・5メートルで、4月中に白浜町十九渕の富田小学校、田辺市神子浜1丁目の東陽中学校、同市中三栖の衣笠中学校など8カ所で計13本植えた。  富田小は、ブラジル和歌山県人会の初代会長でブラジル農業の振興に貢献した竹中儀助さん(1889~1965)の母校。東陽中は、ブラジルで持続的な農業を目指すアグロフォレストリー(森林農業)を進めた坂口陞さん(1933~2007)の母校。衣笠中は、戦後に三栖地域からブラジルへの移住が多かったことから選ばれた。  このほか植樹したのは、田辺市たきない町の新庄総合公園、白浜町の平草原公園や南方熊楠記念館、上富田町岩田の県福祉事業団、協会副代表の冨家力さん(69)が田辺市上三栖で経営する農園。  いずれも3年ほどたてば、春にちらほらと咲くとみられる。今後も希望があれば植えたいという。  真砂代表(77)は「和歌山県から移住して100年がたった。これまでさまざまな交流があった。これからの100年に向けて、この木が友好のシンボルになればと思う」と話している。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク