全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野灘のカツオ 例年より遅れて釣れだす

水揚げされたカツオの長さを測る県水産試験場の職員(6日、串本町串本で)

 新宮市―串本町沖を中心とした熊野灘で、5月上旬からシーズン遅れのカツオが釣れている。県水産試験場は、県沖への来遊が例年と違うルートをたどったためとみている。本来カツオは黒潮に乗って西から東へと移動するが、今釣れているのは逆に東から西に移動してきたと推測している。この季節としては一回り大きい2キロ前後であるのも根拠の一つだという。

 和歌山県沖のカツオの春漁は、本来3月中旬に始まって5月の大型連休すぎに終わる。2014年の大不漁以降、その期間が4月下旬から5月上旬と短くなっている。来遊するカツオの絶対量が少ないのも大きく影響している。  県沖では本来、高知県沖などの西からやって来て黒潮の北縁や暖水波及域で釣れるが、今年はそれが少なく大不漁となった。同試験場は、今釣れているカツオは、伊豆諸島北部から本州に沿って流れる暖流に乗って、東から西に移動して熊野灘に達していると指摘する。このため、新宮市や三重県御浜町の沖合でよく釣れているようだ。  この暖流も強弱があり、大きなものは5月上旬と下旬に計2回来たとみている。潮岬を越えてすさみ町沖まで到達したこともあったという。  串本漁港の水揚げは、4月が6トン強と非常に少なかったが、5月は約44トンと持ち直し、6月もそのペースが続いている。多い日には8トンほどの水揚げがあった。  小林慧一研究員は「暖流は今後も続くと考えられるので、しばらく漁は続くのでは」と期待している。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク