全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミルクプロテイン摂取で計算力向上 帯広畜産大の浦島教授ら研究

研究論文を手にする浦島教授

 帯広畜産大学の浦島匡(ただす)教授(61)らと明治(東京)の共同研究グループは、たんぱく質の「ミルクプロテイン」飲料を摂取すると、計算などの知的作業効率が向上することを明らかにした。

 ミルクプロテインは、牛乳や乳製品に含まれる乳由来のたんぱく質。

 帯畜大の男子学生33人を2グループに分け、一方にミルクプロテイン飲料、別のグループにはたんぱく質を除いた糖質飲料を与え、摂取前後の計算問題の正答数を測定した。数日後、与える飲料を逆転させ、同様の測定を行った。

 その結果、ミルクプロテイン飲料を摂取したグループの方が、作業効率が7.95%高く持続された。測定は朝に実施した。

 浦島教授は「摂取後30分で計算力に有意な差が出た。通常の栄養学では説明できない」と話す。ミルクプロテイン摂取後に心拍数が上がることも分かり、脳が刺激されたと推察される。ミルクプロテイン吸収により、腸管神経が脳に刺激を与えている可能性があるとし、今後の研究でメカニズムを解明する考えだ。

 研究グループによると、朝食摂取は知的活動の効率維持・向上に重要だが、どの栄養成分を取ればいいのかは十分に明らかになっていない。

 研究成果は国際学術誌「Nutrients」に掲載された。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク