全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミルクプロテイン摂取で計算力向上 帯広畜産大の浦島教授ら研究

研究論文を手にする浦島教授

 帯広畜産大学の浦島匡(ただす)教授(61)らと明治(東京)の共同研究グループは、たんぱく質の「ミルクプロテイン」飲料を摂取すると、計算などの知的作業効率が向上することを明らかにした。

 ミルクプロテインは、牛乳や乳製品に含まれる乳由来のたんぱく質。

 帯畜大の男子学生33人を2グループに分け、一方にミルクプロテイン飲料、別のグループにはたんぱく質を除いた糖質飲料を与え、摂取前後の計算問題の正答数を測定した。数日後、与える飲料を逆転させ、同様の測定を行った。

 その結果、ミルクプロテイン飲料を摂取したグループの方が、作業効率が7.95%高く持続された。測定は朝に実施した。

 浦島教授は「摂取後30分で計算力に有意な差が出た。通常の栄養学では説明できない」と話す。ミルクプロテイン摂取後に心拍数が上がることも分かり、脳が刺激されたと推察される。ミルクプロテイン吸収により、腸管神経が脳に刺激を与えている可能性があるとし、今後の研究でメカニズムを解明する考えだ。

 研究グループによると、朝食摂取は知的活動の効率維持・向上に重要だが、どの栄養成分を取ればいいのかは十分に明らかになっていない。

 研究成果は国際学術誌「Nutrients」に掲載された。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク