全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ハーリーってなあに?」 池田さんから由来学ぶ  あまかわ幼稚園

ハーリーについて園児たちに伝える池田元さん(手前右)=6日午前、あまかわ幼稚園

 伝統のハーリー行事を通して郷土の文化を大切にする心を育もうと、あまかわ幼稚園(吉濱徳子園長、園児29人)は6日午前、園内でお話会「ハーリーってなあに?」を開き、県指導漁業士の池田元さん(70)=登野城=がハーリーの由来や意味、使用する船やエーク(かい)などについて伝えた。

 ハーリーの衣装で登場した池田さんは「ハーリーは琉球王朝のころに中国から伝わり、中国では雨乞い神事だったのが各地に伝わって航海安全や豊漁を願う行事になった」と説明した。

 また、ハーリーに使用される船は女性の神様で、ハーリーが行われる与那国では船に家の女性の名前を付けた漁船が多くあること、船体に描かれた装飾模様や色にもそれぞれに意味があることなども紹介した。

 子どもたちから「どうしてハーリーっていうの?」「どうして船はできたの?」などと質問も飛び、話のお礼に、東一組ハーリー委員会から寄贈され、保護者と色付けしたエークで「ハーリークイ!」と元気な掛け声で踊りを披露した。

 池田さんは「ハーリーでは良いことがたくさんありますようにとお祈りする。良いことがあると気持ちがいい。みんなもお友達と良いことがたくさんできるよう頑張って。ハーリーの日は会場に来てね」と呼び掛けた。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク