全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ハーリーってなあに?」 池田さんから由来学ぶ  あまかわ幼稚園

ハーリーについて園児たちに伝える池田元さん(手前右)=6日午前、あまかわ幼稚園

 伝統のハーリー行事を通して郷土の文化を大切にする心を育もうと、あまかわ幼稚園(吉濱徳子園長、園児29人)は6日午前、園内でお話会「ハーリーってなあに?」を開き、県指導漁業士の池田元さん(70)=登野城=がハーリーの由来や意味、使用する船やエーク(かい)などについて伝えた。

 ハーリーの衣装で登場した池田さんは「ハーリーは琉球王朝のころに中国から伝わり、中国では雨乞い神事だったのが各地に伝わって航海安全や豊漁を願う行事になった」と説明した。

 また、ハーリーに使用される船は女性の神様で、ハーリーが行われる与那国では船に家の女性の名前を付けた漁船が多くあること、船体に描かれた装飾模様や色にもそれぞれに意味があることなども紹介した。

 子どもたちから「どうしてハーリーっていうの?」「どうして船はできたの?」などと質問も飛び、話のお礼に、東一組ハーリー委員会から寄贈され、保護者と色付けしたエークで「ハーリークイ!」と元気な掛け声で踊りを披露した。

 池田さんは「ハーリーでは良いことがたくさんありますようにとお祈りする。良いことがあると気持ちがいい。みんなもお友達と良いことがたくさんできるよう頑張って。ハーリーの日は会場に来てね」と呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク