全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「人体絵画土器」を公開 富士見町の井戸尻考古館

 富士見町の井戸尻考古館は、具象的絵画が描かれた土器としては国内最古とされる、町内から出土した縄文時代の「人体絵画土器」(町有形文化財)を展示している。絵画部分の劣化を防ぐため普段は展示しておらず、公開は2015年の企画展以来3年ぶり。展示は7月6日まで。同館は「具象的な絵が描かれた縄文土器は例がなく極めて貴重。この機会にぜひ見てほしい」と呼び掛けている。

 土器は1968年、同町烏帽子の唐渡宮遺跡の東南縁を通る農道の拡幅工事中に発見された。縄文時代中期後葉(およそ4200年前)の大型深鉢で高さ63センチ、口径50センチ。

 人体絵画は土器底部近くに墨のような黒色顔料で描かれている。当時の土偶によく似た上半身で乳房が描かれ、両脚を左右に大きく開き、首から顔にかけては黒く塗りつぶされている。絵画部分は縦23センチ、横約20センチ。

 同館は「煮沸具として使われた後、土器棺として埋められたと考えられる。絵は死と葬送に関わるものとみられる。絵自体は分娩の情景と解釈され、誕生に関わっている」と説明。その上で「近年の研究によると、火の神を生んだことによって死に至る母神の出産情景を描いたものとみられる」と考察している。

 展示は、同町など諏訪地方と山梨県の八ケ岳周辺14市町村の「星降る中部高地の縄文世界」が5月、文化庁の「日本遺産」に認定されたことを記念して企画。人体絵画土器も構成遺産の一つになっている。

 展示は午前9時~午後5時。月曜休館。入館料高校生以上300円、小中学生150円。問い合わせは同館(電話0266・64・2044)へ。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク