全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミカン木の害虫見逃すな 親子でカミキリムシ捕獲大会 鹿児島県喜界町

虫取り網を手にゴマダラカミキリムシの幼虫を探す子ども=3日、鹿児島県喜界町(同町提供)

 鹿児島県の喜界島で3日、ミカン木を食い荒らすゴマダラカミキリムシの捕獲大会が開かれた。虫の早期撲滅に向けた駆除推進策の一環で、初開催。町内の親子連れなど46人が参加し、地域の果樹保護へ理解を深めながら大会を楽しんだ。

 ゴマダラカミキリムシはミカン木に産卵し、ふ化した幼虫が樹内を食い荒らして枯死させる。町は殺虫シートでの駆除に加え、1匹100円で買い取りも行っており、2017年度は前年度より約千匹多い約2400匹が持ち込まれた。

 大会は喜界町果樹振興会(花岡三代次会長)が主催。町内の100(いちまるまる)スポーツクラブに所属する親子らに呼び掛けた。参加者は9チームに分かれ、午前8時すぎから町内各所でゴマダラカミキリムシ捕獲に挑戦した。

 約4時間後に捕獲数を計測。捕獲総数は128匹で、44匹を捕獲した「つぶつぶたいじ」チームが優勝した。同チームの古沼世楽君(7)は「ミカン木やモクマオウの木がたくさんある所で多く捕まえられた。いろんな所を探し回り少し疲れたけど、とても楽しかった」と笑顔を見せた。

 果樹振興会や町は「大会を通して害虫の存在を知ってもらい、地域のかんきつ類保護の心を育ててほしい」としている。買い取り代金はスポーツクラブの活動費などに充てる予定だ。

虫取り網を手にゴマダラカミキリムシの幼虫を探す子ども=3日、鹿児島県喜界町(同町提供)

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク