全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミカン木の害虫見逃すな 親子でカミキリムシ捕獲大会 鹿児島県喜界町

虫取り網を手にゴマダラカミキリムシの幼虫を探す子ども=3日、鹿児島県喜界町(同町提供)

 鹿児島県の喜界島で3日、ミカン木を食い荒らすゴマダラカミキリムシの捕獲大会が開かれた。虫の早期撲滅に向けた駆除推進策の一環で、初開催。町内の親子連れなど46人が参加し、地域の果樹保護へ理解を深めながら大会を楽しんだ。

 ゴマダラカミキリムシはミカン木に産卵し、ふ化した幼虫が樹内を食い荒らして枯死させる。町は殺虫シートでの駆除に加え、1匹100円で買い取りも行っており、2017年度は前年度より約千匹多い約2400匹が持ち込まれた。

 大会は喜界町果樹振興会(花岡三代次会長)が主催。町内の100(いちまるまる)スポーツクラブに所属する親子らに呼び掛けた。参加者は9チームに分かれ、午前8時すぎから町内各所でゴマダラカミキリムシ捕獲に挑戦した。

 約4時間後に捕獲数を計測。捕獲総数は128匹で、44匹を捕獲した「つぶつぶたいじ」チームが優勝した。同チームの古沼世楽君(7)は「ミカン木やモクマオウの木がたくさんある所で多く捕まえられた。いろんな所を探し回り少し疲れたけど、とても楽しかった」と笑顔を見せた。

 果樹振興会や町は「大会を通して害虫の存在を知ってもらい、地域のかんきつ類保護の心を育ててほしい」としている。買い取り代金はスポーツクラブの活動費などに充てる予定だ。

虫取り網を手にゴマダラカミキリムシの幼虫を探す子ども=3日、鹿児島県喜界町(同町提供)

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク