全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

安全航海と豊漁願い日本海へ 酒田港で中型イカ釣り船団出航式

 日本海を回遊するスルメイカを追う中型イカ釣り船団の出航式が6日、酒田市の酒田港袖岡埠頭(ふとう)で行われ、乗組員たちが安全航海・豊漁への思いを新たに、来年2月ごろまで約8カ月間にわたる操業に出航した。

 150トン級の船で船団を組み、日本海中央部の好漁場・大和堆を中心に、島根県沖からオホーツク海まで操業、「船凍イカ」として水揚げする。本県関係の船は北海道や石川県の船と共に13隻で山形県船友漁撈長会(山形船団)を組織し、全国屈指の水揚げを誇っている。大半の船の漁撈長が酒田市飛島の出身だ。

 出航式は、酒田港への水揚げの約8割の約17億円(2016年度)がスルメイカという「いかのまち酒田」をアピールし、漁業振興につなげようと、市と県漁業協同組合が中心になって2006年から毎年この時期に実施。今年は船団のうち9隻が酒田港に集結。午前10時から善寳寺(鶴岡市)の僧侶による航海安全の祈祷(きとう)に続き、式典には乗組員約90人と、若松正俊副知事や小野幸作県議会副議長らの来賓を合わせ約130人が出席した。

 主催者あいさつで、県漁協の本間昭志組合長は「昨年は北朝鮮のミサイル発射や違法操業の問題があり、県や国に対策を要請した。まずは安全・安心、円滑な操業に努力を」、酒田市の矢口明子副市長は「酒田船凍イカの商標登録でブランド化する準備を進めている。体に気を付けたくさんの水揚げを」と激励した。

 来賓祝辞に続き、山形船団の佐藤長悦郎船団長(68)=第38正徳丸漁撈長、鶴岡市小波渡=が「酒田港は江戸時代から北前船で栄えてきた。私たちが水揚げすることで、以前の活気を取り戻すことに貢献できる。各船の大漁と航海安全を祈る」と決意を述べた。

 その後、酒田舞娘(まいこ)が佐藤船団長に花束を贈呈し、「花笠音頭」などを舞い、花を添えた。船団は正午ごろ、家族らに見送られ出航した。まずは能登沖に行き、様子を見ながら操業場所を変えていくという。

安全航海・豊漁への決意を述べた佐藤船団長(右前)。後ろは乗組員たち

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク