全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クマゼミ鳴く/平良

夏至以降、大合唱へ

 クマゼミが3日、平良で確認された。ホルトノキ(ホルトノキ科)などの枝に止まり「シャイシャイシャイ」と大きな鳴き声を響かせていた。日の夏至以降、本格的な大合唱が始まる。

 宮古ではここ数十年、クマゼミが好むセンダン(センダン科)が大型台風の影響を受け、多くが枯死した。

 センダンに代わってホルトノキが順調に生育し、枝を広げて繁茂する。クマゼミの生活の場としての有用樹木になっている。

 宮古に生息するセミは4種。日本最小のイワサキクサゼミ、宮古諸島固有種のミヤコニイニイ、体を逆さまにして止まったりするツマグロゼミ、クマゼミ。3日のクマゼミの出現で、今年も4種の個体が確認された。

 クマゼミ日本最大のセミで、体長6㌢前後。背中の色は黒く、羽は透明で緑色の筋がある。

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク