全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

徳之島、日本一のコーヒー産地へ AGFと地元連携、苗植え式

苗植え式に出席した徳之島コーヒー生産支援プロジェクトの代表者ら=20日、伊仙町面縄

 鹿児島県徳之島産コーヒーの生産支援プロジェクトに取り組む味の素AGF(株)(品田英明社長)と徳之島コーヒー生産者会(吉玉誠一会長、26人)など4者は20日、伊仙町面縄のAGFコーヒー実証農場で苗植え式を開いた。島内のビニールハウスで育てた苗木20本を農場に植え替え、国産日本一のコーヒー生産に向け、気持ちを新たにした。

 徳之島では吉玉会長(73)が1982年にコーヒー栽培を始めた。町は農家所得向上事業として2009年度から単独事業でコーヒー苗の栽培・提供に取り組んだが、台風や潮風害などもあり、17年産の収穫量は約100キロにとどまるなど成果は低調に推移していた。

 海外の産地支援などでノウハウがあるAGFは、徳之島コーヒーに国産コーヒーの可能性を求め、丸紅(株)、伊仙町を含む4者で昨年6月、事業協定を締結。11月から町内に建設した育苗専用ビニールハウスで種の植え付けを行ってきた。

 式典にはプロジェクト関係者ら約50人が出席した。吉玉会長は「新しい品種は分からないことも多く、気候変動への対処など課題もあるが、できることを一つ一つクリアしていく。生産者の夢と希望が込められ、おいしく安心して飲むことができる徳之島コーヒーをつくっていきたい」と意欲を述べた。

 品田社長は先月決定したプロジェクトのキャッチコピー「ONLY ONE 徳之島から世界中どこにもない一杯を。」とマークを紹介し、「日本人の味覚に合うおいしいコーヒーづくりを目指して伊仙町にたどり着いた。この土地でできた高品質のコーヒーを日本全国の方にいち早く提供できるよう、応援させていただく」と述べた。

 式典に続き参加者は生産者会が育てた苗木を一本ずつ丁寧に植え替え、今後の成長に期待を寄せた。同農場には21日までに計100本を定植する。

 AGFは10月、生産者会へコーヒー生豆精製機材を提供する。社員教育の一環で年4回、同社社員が収穫や苗の植え替え作業などで生産現場を訪問する。

 同プロジェクトは島内でブラジル、コロンビア、インドネシア産の計5種を年間2千本育苗し、生産者会会員の園地へ定植を進める計画。2023年には栽培本数1万本、島内全体で1トン~2トンの収穫を見込み、将来的には収穫量10トンを目指す。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク