全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラワンブキ 青空覆う実り 足寄

丁寧に収穫されるラワンブキ(永井農場で)

 北海道遺産に登録されている足寄町特産ラワンブキの収穫作業が、中足寄の永井農場(永井研一代表)で始まった。みずみずしい初夏の香りが畑いっぱいに広がっている。

 今年も例年並みの5.5ヘクタールを作付け。5月にかけて適度の雨が降り、長いフキは2メートル超、太い茎で7センチほどに育った。

 6日は、鎌を手に4人が新緑の“フキの森”に分け入り、一本一本丁寧に作業。収穫は7月上旬まで続く。永井代表は「この時期はやわらかく、天ぷらにいい」と話す。同農場(電話0156・25・6115)では発送と直売にも応じる。

 JAあしょろによると、今年のラワンブキ栽培農家は20戸、総作付面積は約19ヘクタール。生食用や水煮などの加工用として、11日から山菜加工施設で受け入れを始める。

 24日には同JA主催の一般向け「ラワンぶき狩り」(町鷲府・鳥羽農場)が行われる。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク