全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

畑に広がるポピー 飯島町上ノ原

飯島町営業部が試験栽培に取り組むほ場で見頃を迎えたポピーの花

 飯島町上ノ原の総合交流拠点施設「アグリネーチャーいいじま」北側の畑でポピーの花が見頃を迎えている。新たな観光資源として花畑を整備しようと、官民協働で地域資源を売り出す「飯島町営業部」が昨年度から試験栽培に取り組んでいるほ場。初夏を彩る赤や白、ピンクの花が広がり、来訪者の目を楽しませている。

 植え替えなどに手間のかかる球根類に比べ省力栽培が見込めるポピーに注目し、昨年度から始まった試験栽培。適切な栽培、管理方法を見極める目的があり、昨年度は同施設が管理するほ場2500平方メートルを借りて200万粒の種をまいた。

 2年目の栽培も同じほ場を使用。昨年落ちた種に加え、10月と3月に種を追いまきし、種まきの時期による生育の違いを検証している。春の高温が影響してか、先に種をまいたほ場では予想より1週間程度早い5月下旬から開花が始まったといい、一部のほ場では見頃を迎えた。

 花部会のメンバーや地元有志でつくる「あぐりの丘花クラブ」の羽生力雄代表(79)は「種をまけば密集して育つかと思ったが、なかなかそうはいかないね」と厳しい表情。規模の拡大には克服すべき課題もあるが「町外から花を見に来る人もいる。徐々に数を増やし、一面の花畑にしていきたい」と意欲的だ。

 ほ場では今後、遅まきのポピーの開花も始まる見通し。7月8日には同施設で花の時期に合わせたフルートコンサートも企画されている。

関連記事

新城市4Hクラブが園児向けイチゴ収穫会

 新城市内の若手農家でつくる同市4Hクラブ(中谷一基会長)は25日、会員のイチゴ栽培ハウスにこども園の園児らを招き、収穫体験会を開いた。園児たちは鈴なりに実ったイチゴを次々をもぎ取り、口いっぱいに...

荘内日報社

NZ2選手も参加し熱戦 みなと酒田トライアスロン・おしんレー

 第33回みなと酒田トライアスロン・おしんレースが24日、酒田市の北港周辺で開かれ、同市が東京五輪・パラリンピックでホストタウンになっているニュージーランド(NZ)の2人を含め国内外のアスリート約500人...

本気!古仁屋」の魅力PR 留学フェスで面談、手応えも 鹿児島県奄美大島 東京

 全国地域みらい留学ネットワーク主催の「地域みらい留学フェスタ2018―公立高校進学における、もうひとつの選択肢」(文科省、総務省、内閣府後援)が24日、東京都内であった。鹿児島県奄美大島瀬戸内町...

宇部日報社

山口市消防団の消防団大学開講

 消防団の人材育成を目的とした山口市消防団(河村博次団長)の消防団大学(学長・田中功夫消防長)は24日、小郡前田町の市南消防署で開講した。県内初となる研修制度で、受講者は31人。高度な知識・技術...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク