全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

畑に広がるポピー 飯島町上ノ原

飯島町営業部が試験栽培に取り組むほ場で見頃を迎えたポピーの花

 飯島町上ノ原の総合交流拠点施設「アグリネーチャーいいじま」北側の畑でポピーの花が見頃を迎えている。新たな観光資源として花畑を整備しようと、官民協働で地域資源を売り出す「飯島町営業部」が昨年度から試験栽培に取り組んでいるほ場。初夏を彩る赤や白、ピンクの花が広がり、来訪者の目を楽しませている。

 植え替えなどに手間のかかる球根類に比べ省力栽培が見込めるポピーに注目し、昨年度から始まった試験栽培。適切な栽培、管理方法を見極める目的があり、昨年度は同施設が管理するほ場2500平方メートルを借りて200万粒の種をまいた。

 2年目の栽培も同じほ場を使用。昨年落ちた種に加え、10月と3月に種を追いまきし、種まきの時期による生育の違いを検証している。春の高温が影響してか、先に種をまいたほ場では予想より1週間程度早い5月下旬から開花が始まったといい、一部のほ場では見頃を迎えた。

 花部会のメンバーや地元有志でつくる「あぐりの丘花クラブ」の羽生力雄代表(79)は「種をまけば密集して育つかと思ったが、なかなかそうはいかないね」と厳しい表情。規模の拡大には克服すべき課題もあるが「町外から花を見に来る人もいる。徐々に数を増やし、一面の花畑にしていきたい」と意欲的だ。

 ほ場では今後、遅まきのポピーの開花も始まる見通し。7月8日には同施設で花の時期に合わせたフルートコンサートも企画されている。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク