全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

地元のお茶をPRする店が9日にオープン

 山口県宇部市のアクトビレッジおのの施設内に、地元の茶を販売する店舗「ono 茶の郷」が9日のラベンダー祭に合わせてオープンする。現在はプレオープン中で8~10種類を売っているが、正式な開店からは15種類を取り扱う。市内の経営者らでつくるNPO法人PR山口が、同施設の指定管理者おのみらい共同事業体と連携して運営。小野で生産され、JA山口宇部緑茶センターで加工された山口茶をオリジナルブランドで売る。

 ビジターセンター内の展示スペースだった箇所約80平方メートルを店舗としている。煎茶、番茶、玄米茶、白折などを1袋540円(税込み)、3袋1080円(同)で販売。和テイストのシンプルなパッケージで、女性にも好まれそう。宇部の菓子や食品なども取り扱っている。PR山口の中山寛由理事は「山口茶のスピンオフ商品として、広く知って飲んでいただけるようにしたい。今後は観光ツアーバスを受け入れ、茶畑を見学した後に寄って買い物ができる店舗とし、小野の茶の魅力を広く発信していきたい」と話している。営業時間は午前9時~午後5時。年末年始は休業。

プレオープン中の店舗を見て回る人(アクトビレッジおので)

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク